【行列】加藤遊海の実家は貧乏と噂!ハーフで親はマレーシア?画像

2018年6月③日放送の「行列のできる法律相談所」にミス・ユニバースの加藤遊海さんが出演されます。

番組では加藤さんの過酷な極貧サバイバル生活について取り上げられるようです。

ミス・ユニバースになるような方ってイメージお嬢様的な人かと思っているんですが、

加藤さんは意外とそうでは無いってことなんでしょうか?

 

極貧でサバイバルってあたりどんな生活をされてきたのか気になります。

今回は加藤さん貧乏生活がどんなものだったのか?やご実家について確認してみようと思います。

スポンサードリンク

行列に出演の加藤遊海の実家は貧乏?

行列で話題に取り上げられるのは加藤さんが極貧でサバイバル生活をされていたこと。

早速どんな生活をされてきたのか確認してみようと思います。

 

加藤さんは幼少期の頃

両親に連れられてマレーシアに移住されたそうです。

何かご両親のお仕事関係で移住されたのかと思いきや、

なんと海外旅行的な乗りで海外への移住を決めたんだそうです。

 

いや、そんな大胆な決断されるんだと驚きですね!

 

そして実家について確認してみると、

今でこそ「日本風喫茶店」を運営されているようですが、

やはり当初マレーシアでの生活はうまく行かなかったようで、

経済的にもきびしかったようです。

 

そんな中、加藤さんはまともな学校には通っていなかったとのことで、

マレーシアにおいては中学校の卒業資格も持っていなかったそうです。

マレーシアでいじめにあったとの話もされていたようです。。

 

流石に小さい頃に両親に海外に連れて行かれて

しかも行った先の学校でいじめにあったら学校に生きたくもなくなりますよね!

自分あったら絶対無理と思ってしまいます。

 

ちなみに中学校卒業資格は16歳で日本に変えられた時に取得されたようです。

 

そして気になる貧乏生活についてですが、

加藤さんは15歳の頃に何故か一人でディオマン島という無人島に半年間行かれていたそうです。

そこでの生活が基本的に自給自足∑

 

想像を絶するとはこの古都だと思うんですが、

海にもぐて素手で魚を捕まえて、

山に入っては鹿を狩ってなんて生活をされていたそう。

 

怪我をした時はひどい時でうじが傷口に湧いたそうです。

かなりグロテスクな話ですね。。

 

ただ、そんな時は海に入ると魚が食べてくれるそうで、

蛆が湧いた時は海に言ったんだとか!

 

その可愛いルックスからは到底想像できないですようね。。

ちなみに当時の生活を振り返って御本人は

「楽しかった」とおっしゃっているんだから本当にたくましい人だなって思います。

 

加藤遊海はハーフ?親がマレーシアとの噂!【画像】

そして加藤さんといえばそのルックスが日本人離れしていて可愛いことから

実はハーフではないかと言われているようです。

 

確かに先程の貧乏生活の話を確認するとメレーシアに居住されていますし、

以前受けたインタビューで「マレーシア都のハーフではないかと言われていますが、

どう思いますか?」との質問に対して

「確かに渡しは日本人とマレーシア人の両方の持ちが理解できますね」

なんて回答されており、なかなか意味深なコメントをされていました。

 

で確認してみたところ、

ご両親ともに日本人とのことです。

加藤さんは自身もマレー語についてはディオマン島でマスターされたということなので純日本人何でしょうね。

 

スポンサードリンク

まとめ

ということで今回は加藤遊海さんについてまとめてみました。

加藤さんが極貧生活をされていたのは15歳のときの無人島での経験のようですね!

確かにかなり過酷な生活をされていたようです。

また、マレーシアにご家族で移住されたためマレーシアのハーフと言われているようですが、

純日本人ってこともわかりました。

番組の中でどんな話をされるのかも気になりますし、

今後の加藤さんの活躍を応援していきたいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です