那須川天心と武尊は仲良しではなく不仲!試合はいつ実現か確認!2018現在

ジャンスポに那須川天心さんが出ていましたね!

キックボクシング界では神童と呼ばれているらしく、

その実力は別次元なんだとか!

 

すごい人だな!

なんて思いながら那須川天心さんについて調べてみたのですが、

何やらK-1の武尊さんと因縁があるらしいです!

ちょっと気になったので、内容を確認してみようと思います!

スポンサードリンク

プロフィール

名前  :那須川 天心(なすかわ てんしん)

生年月日:1998年8月18日

年齢  :20歳(2018年現在)

出身地 :千葉県

身長  :165cm

体重  :55kg

通称  :神童、キックボクシング史上最高の天才

階級  :バンダム級・フェザー級(RISE)

     スーパーバンダム休・フェザー級(ムエタイ)

     フライ級(総合格闘技)

実績  :RISE王座、BLADE王座、ISKA世界王座を獲得

     ムエタイ二大殿堂であるルンピニー・スタジアムの王者に1ラウンドKO勝ち

     2階級上のムエタイ王者に勝利

那須川さんはもともとキックボクシングではなく、

極真空手をされていたそうです。

 

今では神童であったり、神童と言われている那須川さんですが、

もともとは弱虫だったそうで、

父親に礼儀を身に着けさせるために稽古に生かされていたそうです。

最初はいやいや行っており、道場から逃げ出したりされたそうです。

めちゃくちゃ意外ですね!

ちなみにご自身でビビリであることは自称されていて、

友人とお化け屋敷に入っても一番初めのムービーで怖くなってリタイアしてしまうなんてエピソードを話されていました。

こんなギャップも那須川さんの魅力の一つなんですね!

 

ちなみに空手を好きになったのは

父親の自宅での特訓が功を奏して

幼稚園の時に空手の大会でオール一本勝ちをしたときなんだそうです。

このときから同年代では圧倒的な実力があったんですね!

 

その後、小学校時代には後の史上最年少全国空手選手権大会出場者で若獅子賞を受賞された南原健太さんとのライバル関係が那須川さんを格闘家としてより成長させたようです。

 

ちなみにこの時のエピソードが熱いんですが、

那須川さんは南原さんに連敗をしていたそうで、

小学校4年生の大会まで1回しか勝ったことがなかったそうです。

というのももとから体格に恵まれていた南原さんと

那須川さんでは小学校4年生の頃ですでに身長が10cm、体重が20kgも違っていたそうです。

それは流石に勝てないですよね。。

 

小学校4年生の全国大会の選考で南原さんに負けて予選落ちになります。

小学校5年生から体格差が考慮されるため、

南原さんと公式戦で勝負できる最後のチャンスだったわけですが勝つことが叶わず。。

かと思いきや、それまでの経歴を認められてギリギリ全国大会に出場できるようになります。

 

全国大会でもギリギリ上がってきた那須川さんには誰も注目していなかったようですが、

一戦目から優勝候補を下してブロックを上がっていきます。

更に宿敵の南原さんも別ブロックを勝ち上がっていき、

二人は全国大会の決勝で戦うことになります。

 

めちゃくちゃ熱い展開ですよね!

で、お二人の試合ですが、なかなか勝敗が決さずに再延長戦にまでもつれ込みます。

かなりの接戦だったんですが、

最終的に体重が軽い方が勝ちとなる体重判定により、

なんとこの大会を優勝してしまいます。

 

最後まで諦めず努力を続けた那須川さんの本当の強さがわかるエピソードで熱くなっちゃいますね!

 

その後小学校6年生の時にテレビでK-1の魔娑斗さんを見て

キックボクシングに転向されてキャリアを積み上げていかれるわけですね!

那須川天心と武尊の試合はいつ実現するのか?2018現在の状況を確認!

ということで那須川さんの経歴を確認してみたところで、

ネットで話題になっていたのが、

那須川さんと武尊さんは戦わないのか!?ということでした。

 

名前  :世川 武尊(せがわ たける)

生年月日:1991年7月29日

年齢  :27歳(2018年現在)

出身地 :鳥取県米子市

身長  :168cm

体重  :60kg

通称  :たけぽん、ナチュラル・ボーン・クラッシャー

階級  :スーパーバンダム級

     →フェザー級

     →スーパーフェザー級

     (K-1)

実績  :K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者

     K-1 WORLD GPフェザー級王者

     K-1 WORLD GPスーパーバンダム級王者

RISEで注目された那須川さんとは違い

武尊さんは主にK-1で3階級制覇するなどの偉業を成し遂げた選手です。

そんなRISEとK-1の2つのビッグネームの戦いは見たい方が殺到したのですが、なかなか実現していないようです。

 

原因はK-1の運営にあるというのが世論(?)になっているようです。

現在のK-1には武尊さんほどのスター選手がいないようで、

そんな武尊さんが那須川さんに負けた時にK-1へのダメージが大きく、実現しないんだとか。。

 

RISEの運営側代表の高田延彦さんも二人の試合実現に向けてK-1に歩み寄っているようですが、結局実現しないままになっているんだとか。

 

で今後について確認してみましたが、

実現の話は全く上がっていないそうです。。

今年もお二人の試合は見れそうにないですね。。

那須川天心と武尊は仲良しではなく不仲!

ということで二人の勝負が当分お預けになっている現状です。

那須川さんも武尊さんに対して

「武尊選手と戦えるなら僕はいつでもどこでもやります。(武尊のホームである)K-1に乗り込んでもいいですし。でも僕は全部KOで倒したんで、こっちに来てくれって感じですね」

なんて発言されていました。

 

これに対して武尊さんも

「人伝で聞いたんですけど、正直、僕がK-1の世界チャンピオンになった時から、世界中からK-1王者の武尊を倒したいという声がたくさん来ているんで、その中の一人としか見てないんですけど、K-1で試合が組まれるならいつでもやってやるし、僕が世界一強いと自負しているし必ず倒す自信があります」

と返されています。

これはΣ一色即発の状況ですね!

お互い闘志むき出しでバッチバチなイメージなんですが、

そんなお二人が仲が良いなんて噂が出っ回っていました!

 

なぜにそんな話にΣ

と思って調べてみると、、

 

なんていうものがツイッターで言われていました!

SNSで友達なんかーいΣって感じですね笑

 

更にこんな画像も出回っていました!

いやいやお二人ともいい笑顔ですね!

これは確かにお二人が仲良し説が出るのもわかります!

が、しかしこの画像に関してはお二人が勝負する云々の話の前の画像のようです。

 

結局RISE側で勝負を申し込んでいる那須川さんは

K-1側で勝負をしない武尊さんに対して

「僕は世界を目指していて、逃げている相手にはもう興味はありません。僕は本物を目指すだけ」と、もはやK-1王者は眼中にないとした。

引用:e-Fight

なんて発言をされていますし、

それを受けてK-1側も

K‐1の運営会社は今年2月、那須川、那須川の実父、那須川の所属ジムの会長、そして、RIZINの運営会社を相手取り民事訴訟を提訴。

 その理由だが、3年前、那須川がK‐1の看板選手・武尊との対戦を要求するような発言。そのことが、他団体の興行に対する不当な介入に当たると主張しているというのだ。

 K‐1サイドによると、その後、対戦が実現せず、武尊は「逃げている」とSNSで中傷されるなどしてダメージを受け、さらにはスポンサーが離れたことも主張。営業妨害にあたるとして、約1・4億円の損害賠償を請求しているという。

引用:livedoor NEWS

なんて話に成る始末。。

 

昔は二大キックボクシング陣営のスター選手で

格闘技会を変えていこうと志されていたんでしょうが、

いろいろな大人の事情により二人の関係は歪んでしまったのではないでしょうか。。

おそらく現状は不仲なのではないかと思います。

残念なことですね。。

スポンサードリンク

まとめ

ということで今回は那須川天心さんの経歴や武尊さんとの噂に関して確認してみました。

空手をされていた頃からかなりの努力をされていた那須川さん。

小学校のエピソードがすでにかっこよかったですね!

 

そして噂の武尊さんとの試合ですが、

少なくとも2018年には実現市なさそうですね。。

 

そしてそれをきっかけにお二人の仲は悪くなっていったのではないかと思います。

いろいろとしがらみがあるんだとは思いますが、

純粋に強さを求めている二人がこんな感じになってしまうのは残念ですね。。

 

とにかく、お二人の試合が見れる日を楽しみに応援していきたいと思いました!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です