【初耳学】篠原エレナの父が工科大教授で文武両道教育方法が凄い!

2018年4月1日放送の初耳学で出演される篠原エレナさん。

篠原エレナさんといえば15歳という若さで新体操でアメリカのジュニア代表入りをされている女子高生ということで話題になっています。

さらに、篠原エレナさんはジョージア工科大学への進学が決まっており文武両道の凄い女子高生なんです。

篠原エレナさんの父親はジョージア工科大学の准教授をされておりますが、その父親の篠原エレナさんを育てた教育が凄いということで注目が集まっています。

今回はそんな篠原エレナさんを育てた教育方針についてまとめてみました。

スポンサードリンク

篠原エレナの実績について

篠原エレナさんですが、15歳で新体操でアメリカのジュニア代表に選ばれているのは前述しましたが、

詳しく詳細を紹介させていただくと、
新体操シニアの16歳の時に全米総合トップ10、翌17歳でも全米種目別でトップ10入りと新体操で実績を積み上げられています。

しかし、スポーツだけでなく学業でもかなりの実績をお持ちで、
学業だけでなく課外活動やリーダーシップなどを評価して高校生から選ぶ「全米優等生協会」に選ばれていたり、
「全米発明起業大会」にジョージア州代表で出場されていたりと学業的にもかなり凄いです。

そして極め付けはその進学先ですがジョージア工科大学に決まっています。

ジョージア工科大学と言えばアメリカの公立の理系大学で1番の名門校。
勉強でいうと大学適正試験で85割以上の高得点を取らないと入学できないという超難問校

ここまででも篠原エレナさんの凄さがわかります。
やはり篠原エレナさんを育てた父親の篠原稔さんの教育方法は素晴らしいものだったのでしょう。

篠原エレナの父親の教育方針について

さて、そんな篠原エレナさんの父親の篠原稔さんですが、東大大学院の教育学「体育学、スポーツ科学」を終了されていて、
その後にアメリカに渡られてジョージア工科大学で准教授をされています。

篠原稔さんは学業優先の方なのかと思いましたが、実は学生の頃にトライアスロンでハワイ・アイアンマン選手権に出場されるなど実はアスリートでもあるとのこと。

そんな篠原稔の教育方針についてご紹介していきます。

1.スポーツも学業も高いレベルで行い人間力を高める

篠原稔さんは自身の考えとして今後の世の中は個人の力が必要となる世の中でどんどん生きるのが難しくなっていくとインタビューで話されていました。
「スポーツだけで成功できるのか?成功したとしてその後どこまで続けられるのか?」そういったことも視野に入れてスポーツだけじゃなく学業もしっかり見てあげる必要があるとのこと。

確かに現在AIなどの技術が発達している中で10年後には今ある職業の40%以上がなくなると言われている世の中です。
自分のお子さんがどんな状況でも生きていけるように考えるのもとても大切なことなんですね。

2.親は教えない

1番のモットーを実践するには限られた時間の中で最大限の効果を出す必要があります。
篠原稔さんは親は教えないということが必要になってくると言います。

「5歳から9歳ぐらいまでだと親もまだ教えることができるので、つい教えてしまうかもしれません。だけど、筋トレしているのに横から持ち上げたら意味がないですよね。親ができることって見守り、親子の一体感を作り、やる気を引きだすこと」(稔さん)

引用元:Yahoo!ニュース

とのことで、確かにおっしゃる通りですね。
わからなくなったらどうすればわかるかの方法を考えさせる。
そのためにも親はすぐ子供に教えるのではなく、子供に考えさせる時間を作ることが大切ということなんですね。

3.急がば回れ

最後に効率よく学習をするために必要なこととして
あえて急がば回れを実践していると言います。

効率よく学習するためには早く理解をする必要があります。
早く理解するにはまず深く全体を見る必要がある。そのためにあえて急がば回れで全体の理解を優先するとのこと。

篠原稔さんは以下のようにインタビューに回答されていました。

急がば回れの勉強法を実践してから、「逆に分からないと気持ち悪いと思うようになって、より分かりたい、学びたいという気持ちが強くなった。
-中略-
ゆっくり深くを真剣に繰り返しているうちに論理的な思考力と理解力が高まっていき、どんどん早く、深く理解できるようになってくる。この素地ができて初めて、効率よく勉強できるようになると思います」

引用元:Yahoo!ニュース

なるほど確かに全体が把握できればそこから各論を埋めていくほうが効率がよくなるのはわかる気がします。

スポンサードリンク

まとめ

今回は篠原エレナさんの父親の篠原稔さんの教育方針についてまとめてみました。
さすが篠原エレナさんを育てた教育方針なだけあって文武両道を極めた考えとそれを実践する方法が合わさったかなり実践的なものだったと思います。

自分の子供にもそして自分自身も実践していきたい内容だったと思います。

こんな素敵な教育を受けた篠原エレナさんの今後の活躍を応援していきたいと思いました!

【初耳学】篠原エレナのカップや性格、大学は?父や母が凄い!【画像】

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です