アーティスト

キングヌー・井口理の経歴まとめ!高校時代からイケメンで俳優業も?

今若者の間で、おしゃれカッコ良くて、オリジナリティ溢れるアーティストとして人気爆発の4人組バンドのKing Gnu(キングヌー)

今年2019年にメジャーデビューをしたばかりなのに、既に大晦日の大イベント「紅白歌合戦」初出場が決定しており、現在人気急上昇中のミクスチャーバンドですよね。

今回はそんなKing Gnuボーカルを担当している、井口理さんの経歴プロフィールから、高校時代の画像や、俳優業もやっている?などについても詳しくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

キングヌー・井口理の経歴・プロフィール

King Gnu(キングヌー)ツインボーカルとなっており、メンバーの井口理さんはボーカル・キーボードを担当しています。

ファンの間では、ボーカルの井口理さんの歌声は中毒性がありすぎて危険だと有名だそうですよ。

まずは簡単な井口理さんのプロフィールをご紹介させて頂きます。

生年月日 1993年10月5日
出身地 長野県伊那市
年齢 26歳
出身大学 東京芸術大学
身長 180㎝  

井口理さんは、なんとあの有名大学東京藝術大学音楽学部・声楽科出身なんですね。

東京藝術大学と言えば、芸術・音楽系の大学の最高峰に位置づけされている大学ですよね。

特に実技試験は超難問と言われているそうですよ。

あの素晴らしい歌声は大学時代で培ったものなのでしょうか。

まずはその中毒性のある素晴らしい歌声をお聞きください。

この歌声は確かに聞いたらやめられないですね。

井口理さんは、自身がラジオパーソナリティを務める「King Gnu 井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)」にて、大学時代の授業内容を語っていました。

授業について「声楽は何をやっているかというと、楽譜を読みながらクラシックのバッハ、ベートーヴェン、モーツァルトとか、そういう昔の作曲家が作る音楽を歌っていました」と説明

エキサイト記事より引用

しかし井口理さんは、声楽やクラッシックに自分は向いていないのではないかと大学在学中に感じていたそうです。

その頃の心境も過去のインタビューで語っていましたよ。

学生の人数が多いわりに就職口は狭いですし。僕はそんなに声楽がやりたかったわけではなくて、劇団に足を運んだり、ミュージカルや演劇に役者として出演したりしながら、何か面白いことがやれたらいいなと思っていて。大学にはがんばって入ったんですけど、自分にはクラシックや声楽に向いてないのかなとだんだん思い始めたんです。高校時代にはバンドをやっていたこともあるし、とりあえず人前に出れていればいいのかなと。やりたいことは無数にあったからオペラや歌曲だけやるのもしんどくなってきて。

素晴らしい歌声をお持ちな才能に溢れた方でも、しんどいと感じることがあるんですね。

そんな中、現在のバンドリーダー常田大希さんに誘われたことをきっかけにレコーディングのボーカルを担当することになります。

その後お二人は意気投合し、他メンバーも加入、現在のKing Gnu(キングヌー)として音楽活動に専念されていきます。

現在の自分のやりたい事、表現できるものがKing Gnu(キングヌー)としての素晴らしいバンドだったのですね。

そんな井口理さんは、高校時代からバンド活動をされていますが、当時のお写真などはあるのでしょうか?
 

早速次でご紹介させていただきます。

【関連記事】

キングヌー・井口理は高校時代からイケメンだった?画像

イケメン揃いのKing Gnu(キングヌー)ですが、井口理さんも身長180㎝高身長イケメン

オフィシャルのSNSでは変顔をよく公開されていますが、ちゃんと真面目なお写真もありましたよ。

はい、イケメン!

そんな井口理さんは、高校時代からバンド活動をされていたと先ほど紹介したインタビューでも語っていますが、イケメンだったのでしょうか?

調べてみた所、井口理さんの出身高校は、公表はされていませんが、地元長野県伊那弥生ヶ丘高校に進学されていると予想されます。

部活は合唱部に所属しており、なんとあの人気番組の「ハモネプ」にも出場されていたそうです。

その時の貴重なお写真がこちら!

「高校3年コーラス1担当井口理ですっ」って、井口くんてばハモネプ出てたのね。

残念ながら、イケメンかどうかは写真がアップすぎて分からないですね。

他にもご本人のオフィシャルツイッターで、コピーバンド活動をされていた事もツイートしていましたよ。

井口理さんの高校時代画像を更に探してみましたが見つけられませんでした。

しかし、今後メディア露出も増えてくると思いますので、何かしらの形で過去のお写真は公開される可能性は高いですよね。

当サイトでは引き続き、新たな情報が入り次第すぐにご報告させていただきますね。

キングヌー・井口理は俳優業もやっていた?作品や演技力を確認!

井口理さんは、King Gnu(キングヌー)ボーカル・キーボードとして活躍していますが、実は俳優としても大学時代から活動されています。

ご本人がオフィシャルツイッターで出演作の告知をされていますので、間違いありませんね。

こちらは2015年に井口理さんが出演された舞台「マウストラップ」ですね。

翌年の2016年には、イギリスの笑劇作家マイケル・クーニーの喜劇「Cash on Delivery」の主人公のひとりとして出演されています。

更に自身初となる短編映画「ヴィニルと烏」にも出演しています。

舞台だけではなく映画にも出演されているんですね。

そんな井口理さんですが、演技力の評価はどうなのでしょうか?

井口理の演技力は?

井口理さんは、King Gnu(キングヌー)のプロモーションビデオも自ら出演をされています。

中でも「It’s a small world」の楽曲で特殊メイクをした宇宙人を井口さんが演じているのですが、この映像を見たファン達が「演技が上手すぎる」と大変話題になっているそうです。

サビの部分ではダンスを披露しており、このダンスシーンも「レベルが高すぎる」「カッコイイ」などの高評価なコメントがSNSを中心に書き込まれていました。

ご本人も自身のツイッターでコメントされていましたよ。

ご本人も満足されているご様子ですね。

ファンの方たちからも数え切れないほどのコメントが書き込まれていましたよ。

井口理のIt’s a small worldのダンスはとにかくリズム感が抜群で素晴らしかったなぁ。
なんでもこなせる人だなぁ…と思ったよなぁ。

井口さん本当に演技上手なんだから、もっと映画やドラマ出演してもいいと思うんだけどなー

今はミュージシャンの方が俳優として、ドラマ出演をしているのも今は珍しくないので、是非チャレンジしてほしいですよね。

まとめ

今回は最高傑作を次々と生み出し続けている、4人組バンドKing Gnu(キングヌー)のボーカル、井口理さんのプロフィール経歴高校時代のお写真俳優としての活動演技力についても詳しくご紹介させていただきました。

井口理さんは、まだ26歳と大変お若いですが、才能に満ち溢れている素晴らしい方ですよね。

是非これから、アーティストとしてだけではなく、俳優としてもどんどん活躍して頂きたいですよね。

当サイトは、これからも井口理さんを引き続き応援し続けていきます。

今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

【関連記事】

 

スポンサーリンク