アーティスト

氷川きよしの学歴は?中学や高校、学生時代を確認!若い頃の画像もイケメン?

今年でデビュー20周年を迎える演歌歌手の氷川きよしさん。

華やかなデビューから常にトップを走り続けており、実力派演歌歌手としての貫禄もついてきていますよね。

今年の紅白歌合戦も、もちろん出演が決定しており、今から当日を楽しみにされているファンも多いのではないでしょうか。

今回はそんな演歌歌手、氷川きよしさんの学歴について、中学高校時代のエピソード若い頃のイケメン画像も含めて詳しくご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

氷川きよしの学歴を調査!勉強できて頭はいいの?

氷川きよしさんの最終学歴は、高校卒業です。

1996年3月に福岡第一商業高校・インテリアデザイン科を卒業されています。

2016年に出演された「誰だって波瀾爆笑」の番組内にて、卒業高校を公開しているので、間違いありませんね。

こちらの高校の偏差値38なので、入学は容易にできるレベルの学校なのではないでしょうか。

ちなみにおバカタレントとして大ブレイクした、スザンヌさんも同高校卒業です。

学歴から、勉強ができて頭が良いのかと言われると、良いとは言えないかもしれないですね。

また過去に出演した大人気クイズ番組「ネプリーグ」に出演された際にも、凡ミスと言われるような間違えをしており、SNSを中心にバカなのではなどの書き込みがありました。

ネプリーグに氷川きよしが出てるけど、、あんなにバカだったとは。。

氷川きよしさんは、抜群の歌唱力ルックスをお持ちなので、それだけでも一般人からしたら、羨ましいですよね。

更に頭までよかったら、スペックが高すぎて今のように幅広い世代から愛されるような、親しみのある演歌歌手にはなっていなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

 

氷川きよしの中学時代や高校時代のエピソードを確認!

氷川きよしさんの卒業高校については詳しくご紹介させて頂きましたが、学生時代はどのような子だったのでしょうか?

中学時代エピソードから詳しくご紹介させて頂きますね。

氷川きよしの中学時代エピソード

氷川きよしさんは、1993年に福岡市立高宮中学校を卒業されています。

タレントの森口博子さんも同中学卒業生で、氷川きよしさんにとってターニングポイントになった方だそうです。

僕が中学のころ、森口さんがすごくテレビに出ていて。高宮中の先輩だよというのはみんなから聞いていました。あるテレビ番組で森口さんが福岡に戻ってこられて、福岡の思い出を語りながら泣かれていたシーンがあって、郷土愛があるんだなと思い、芸能人である先輩にあこがれました。その頃は、将来は芸能界に入りたいって漠然とそういう風に思っていながら、どうやってなれるかというのはわからなかった。でも、自分も歌手になりたいって、近く思えたんです。それから当時はポップスでしたが、オーディションを受けるようになりました。僕の中で、森口さんは芸能界に入るためのターニングポイントになった方の1人です。

朝日新聞記事より引用

そして、なんと中学時代氷川きよしさんのあだ名「デブきよし」だったそうです。

その時の貴重なお写真がこちら。

今の氷川きよしさんからは想像できないぽっちゃりなお姿。

当時は新聞配達のアルバイトもされていたそうですよ。

氷川きよしさんは、この「デブきよし」というあだ名が大嫌いで、寒天ダイエットをして中学卒業する頃には、見事痩せて大変身されたそうです。

アフター写真は、次の章にてまとめてご紹介させて頂きますね。

氷川きよしの高校エピソード

氷川きよしさんは、先ほども述べましたが福岡第一商業高校・インテリアデザイン科を卒業されています。

こちらの高校は、芸能コースや講座がある福岡県では大変珍しい学校だそうです。

中学生の頃から歌手になる夢があった氷川きよしさんですが、高校の選択授業では芸能講座を受講されていたそうです。

その講座担当の先生に、演歌を歌うことを勧められ演歌を歌い始めるようになったそうです。

その時のエピソードを2019年に出演したラジオ番組で語っていましたよ。

「歌の先生が演歌しか教えられない先生で。80歳近い先生。100人くらい芸能コースに入った人がいたんですけど演歌しか教えられないからって、90人くらい辞めて…」と当時を振り返った。

氷川自身も辞めることを検討したそうだが、「おじいちゃん先生、ヤマダっていうんですけど『演歌歌ってくれんかね』って泣きながら言われて。かわいそうって思って」と告白した。演歌に馴染みがなかったため、「分からんとですよ、演歌分からんけんって言ったら『いやちょっと覚えてくれんかね』って言われたから、分かりました覚えてみますって。覚えて歌ったら評判がよくて」と先生の涙の訴えをきっかけに、演歌を歌い始めたと明かした。

氷川きよしさん、優しいですね。

そんな氷川きよしさんの高校時代部活芸能部に所属をされていたそうです。

老人ホームにて演歌を歌う活動もされており、氷川きよしさんの歌声を聞いて泣いて喜んでいる人を見て演歌歌手になることを決めたそうです。

当時から、人の心を動かすような素晴らしい歌声だったんでしょうね。

また、恋愛についても赤裸々に「誰だって波瀾爆笑」の番組内にて語っており、予想はできますが、かなりモテていたそうです。

なんとバレンタインデーには、チョコを10個ももらうほどだったんだとか。

当時の貴重なお写真がこちら。

中学時代の「デブきよし」はどこに行ってしまったのでしょうか。

こんな爽やかイケメン、モテるのは納得できますね。

氷川きよしの学生時代の若い頃の画像を集めてみた!

氷川きよしさんの学生時代エピソードをご紹介させて頂きましたが、もっと若い頃の画像や、他の画像も見て見たいですよね。

早速ご紹介いたしますね。

まずはとっても可愛い幼少期のお写真です。

どんどんいきましょう。

こちらは小学生の時の氷川きよしさん。

この頃からぽっちゃり体型だったんですね。

食べることが大好きでなんとケーキ10個を食べていたのだとか。

そして「デブきよし」のあだ名がついていた中学時代です。

しかし、ダイエット成功し見事イケメンに大変身していきます。

そしてその後はイケメン街道まっしぐらです。

こちらは貴重なデビュー当時画像です。

当時は演歌の貴公子と呼ばれており、世のおばちゃま達を虜にしていました。

氷川きよしさん、自分の過去の画像を番組でもたくさん提供されており、貴重な幼少期からの画像をご紹介することができました。

まとめ

今回は、マダムたちの元気の源にもなっている実力派演歌歌手氷川きよしさんの学歴について、頭は良いのか、中学高校時代エピソード若い頃イケメン画像もご紹介させて頂きました。

氷川きよしさんにも黒歴史ぽっちゃり時代があったんですね。

そんな過去も隠さずにお話になる氷川きよしさんの懐の深さが窺えますね。

当サイトはこれからも氷川きよしさんを応援し続けていきます。

今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク