アーティスト

ゆず・北川悠仁と高島彩の馴れ初めはめざまし?歴代の熱愛元カノも調査!

人気歌手のゆず・北川悠仁さん。

2011年10月20日にフリーアナウンサーの高島彩さんとご結婚されました。

ネット上では、馴れ初めや北川悠仁さんの元カノに注目が集まっているのです。

そこで今回は、北川悠仁さんの馴れ初めや元カノについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

ゆず・北川悠仁と高島彩の馴れ初めはめざましテレビ?きっかけを確認!

北川悠仁さんと高島彩さんの馴れ初めは、知人からの紹介です。

2006年から北川悠仁さんと高島彩さんは交際がスタートしました。

馴れ初めは、めざましテレビがきっかけでは?と噂されていますが違います。

北川悠仁さんは「めざましどようび」のテーマソングを提供しており、

その関係で2005年9月にめざましテレビに出演されていました。

その時が二人の出会いだったわけですが、

ですが、このときには高島彩さんとの交際には至っていません

交際への発展は知人からの紹介で再会したことと言われています。

ゆず・北川悠仁への献身的な支え

  • 北川悠仁さんは横浜
  • 高島彩さんは東京

と、少し離れた場所に住んでいた2人です。

そして、歌手とアナウンサーなので当然多忙ですよね。

 

二人は距離とスケジュールのすれ違いから度々諍いを起こしていたと言われています。

しかし、その中でも北川悠仁さんは両親を交えて食事をするなど順調に二人は交際を続けられました。

そんな中、2008年6月に北川悠仁さんの父親が亡くなります。

若くして父親を亡くし、北川悠仁さんはとても落ち込み憔悴しました。

そのときには、高島彩さんが北川悠仁さんを献身的に支えたと言われています。

高島彩の退社のタイミングで結婚報告

高島彩さんはフジテレビを退社し、2011年からフリーアナウンサーとして仕事を始めます。

そして、フリーアナウンサーになったのと同年2011年に北川悠仁さんと高島彩さんは結婚しました。

局アナであった高島彩さんですので、結婚に対して身構えていたのでしょう

ですので、フリーアナウンサーになった後に結婚しようと決めていたのではないでしょうか。

また、山梨県身會岐神社で極秘挙式を挙げています。

北川悠仁さんのお母さんが教祖をしており、

その宗教の活動拠点が山梨県身會岐神社です。

ゆずのコンサートなどでも、よく使われている神社ですよね。

【関連記事】

また、2012年2月25日、横浜ホテルニューグランドで披露宴を行いました。

こちらが、北川悠仁さんと高島彩さんの披露宴の画像です。

ゆず・北川悠仁の結婚報告 全文公開

いつも応援ありがとうございます。皆さまにご報告があります。
私事で大変恐縮ではありますが、この度私、ゆず 北川悠仁は、フリーアナウンサーの高島彩さんと結婚したことをご報告させて頂きます。

本日、平成23年10月20日、山梨県身曾岐神社にて挙式を執り行い、横浜にて入籍致しました。

出会いから6年、互いに忙しい日々の中ではありましたが、関係者をはじめ多くの方々に見守っていただき、交際を続けてまいりました。
今改めて、女性として、また人として尊敬でき、温かく飾らない心を持つ彼女と、支え合い、分かち合い、刺激し合い、そして微笑み合い、自分たちの家庭を築き、共に生きてゆく事を決意しました。

先月の岩沢君の発表に続き、すぐでびっくりさせてしまっていたらすみません。
ゆずらしいという事で、どうかお許し下さい。

一日一日を大切に、これからもゆずのリーダーとして、みんなが元気になり、笑顔になれるような音楽を作り続け届け続けます。

来年はゆずデビュー15周年!!
いろんな事を用意してます!!
どうぞお楽しみに!!

大切なファンのみんなに、深い深い感謝を込めて。

平成23年10月20日 ゆず 北川悠仁

引用元:Narinari

北川悠仁さんは、このように報告しています。

また、自筆メッセージで公式サイトに公開しているのです。

心温まるメッセージにファンも大喜びでした。

【関連記事】

ゆず・北川悠仁と高島彩が結婚するまでの経緯を調べてみた!

北川悠仁さんと高島彩さんが結婚するまでの経緯を調べました。

北川悠仁さんと高島彩さんの交際は順調でした。

ですが、北川悠仁さんの母親が結婚に対し、反対を示していたのです。

そのため一時期、破局説も流れてしまっていました。

「宗教的な理由なのか、慈敬さん(母親)は北川が35歳になるまでは結婚するべきではないと言っていました。しかし、二人の結婚への意思が強いことや、身曾岐神社を何度も訪れて修行に励んでいたアヤパンの情熱にほだされ、結婚を許す気になったようです。当初、慈敬さんはアヤパンがフジを退社して結婚したら家庭に入らせるとも言っていたようですが、アヤパンの広告塔としての価値を認めたため、今後のフリーでの活動も許しているそうです」(週刊誌記者)

引用元:MEN’S CYZO

高島彩さんも、結婚のために懸命に努力したのですね。

ゆず・北川悠仁の母と高島彩の確執!?

北川悠仁さんの母親と高島彩さんには確執があったようです。

結婚するまでの経緯を辿ってみました。

北川悠仁さんの母親と高島彩さんには考え方の違いがあったと言われているのです。

北川悠仁さんの母親は、結婚をしたら専業主婦になってほしいと思っていました。

ですが、高島彩さんは働き続けたかったのです。

高島彩さんがアナウンサーになるのには、非常に大変な道のりがありました。

高島彩の父親は、高島彩が幼少期に亡くなっていた

高島彩さんの父親は俳優・竜崎勝さんです。

こちらが竜崎勝さんの画像となっています。

不幸にも、高島彩さんが5歳の時に死別してしまいました。

高島彩さんは、シングルマザーの家庭で育ったのです。

シングルマザーの家庭でアナウンサーになるのには学費面で非常に大変なのは想像に難くないですよね。

高島彩さんは人一倍努力をし、目標を持ち続けていたのでしょう。

そこまでしてアナウンサーになった高島彩さん。

北川悠仁さんの母親に反対されても仕事をし続けたかったのでしょう。

ゆず・北川悠仁の母親との話し合い

北川悠仁さんと高島彩さんの結婚するまでの経緯をもう少し深く調べました。

北川悠仁さんの母親と高島彩さんは確執がありましたが、その後話し合いをしていったようです。

北川悠仁さんの母親は、宗教を広めたいと思っていました。

宗教を広めるためには宣伝する必要があります。

ですが、CMなどで宣伝をすることは出来ないですし、

口コミで宣伝するにも限界があります。

そこで長期間話し合いをした結果、

北川悠仁さんの母親は、高島彩さんが広告塔になる可能性が高いと判断。

北川悠仁さんの結婚に合意したといわれているのです。

北川悠仁さんと高島彩さんの熱い気持ちが伝わったのですね。

家族の反対を押し切るのではなく、

しっかり話し合って乗り越えるところに二人の絆の深さを感じました。

ゆず・北川悠仁の過去の歴代熱愛元カノを調査!

北川悠仁さんの過去の歴代熱愛元カノを調査しました。

すると、北川悠仁さんは、globe・KEIKOさんと交際していたと報道されています。

北川悠仁さんと、globe・KEIKOさんは結婚寸前まで交際が発展していました。

北川悠仁さんにとっては、過去の歴代熱愛元カノですよね。

ですが、北川悠仁さんと、globe・KEIKOさんは結婚しませんでした。

ゆず・北川悠仁と、globe・KEIKOはなぜ結婚しなかった?

北川悠仁さんとglobe・KEIKOさんには熱愛報道が度々出ていたのです。

ですが、北川悠仁さんの母親を納得しませんでした。

恐らく説得したでしょうが上手くいかなかったのでしょう。

そのため、北川悠仁さんとglobe・KEIKOさんは破局してしまったといわれています。

ですが、globe・KEIKOさんは結婚したかったのです。

なので、破局したときにはとても大きな傷を負ってしまったといわれています。

ゆず・北川悠仁の中学時代の熱愛元カノ!?

北川悠仁さんは中学時代に初めて付き合いました。

相手は、とよた真帆さんに似ている女性です。

こちらが、北川悠仁さんの初交際した元カノとのエピソードです。

また、実際に元カノも登場しています。

美穂さんというお名前の方です。

動画を確認すると、とても爽やかで綺麗な女性ですね。

ゆずの名曲・桜木町は元カノとの歌?元カノは誰?

ゆずの名曲ともいわれている、桜木町。

北川悠仁さんが作詞・作曲していることから、元カノは誰?といわれています。

桜木町の歌詞に出てくる「君」とは、北川悠仁さんの初交際の女性なのです。

ですが、動画を見ると、美穂さんは否定していますね。

ということは、北川悠仁さんが書いた「君」は誰なのでしょう?

北川悠仁さん自体も答えていないので、謎のままになっています。

北川悠仁さんの歴代元カノとして公表されていない相手が、桜木町のモチーフとなった女性です。

どのような方なのか非常に気になりますね。

まとめ

  1. 北川悠仁さんと高島彩さんの馴れ初めは、知人の紹介となっています。
  2. 北川悠仁さんと高島彩さんは6年の交際を経てご結婚しました。
  3. 北川悠仁さんの歴代熱愛元カノはglobe・KEIKOさんといわれています。

現在とても幸せそうな北川悠仁さんと高島彩さん。

お子さんもいて、お風呂は北川悠仁さんの役割となっているようです。

これからの活躍も応援し続けたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【関連記事】

 

スポンサーリンク