アスリート

福岡堅樹は結婚している?彼女の噂を確認!実家が医者で姉・唯子もすごい?

福岡堅樹選手が話題になっているようですね!

日本のラグビー界では世界クラスのスピードを持っており、韋駄天と呼ばれていますね!

爆発的なスピードでディフェンダーを置き去りにする天性のトライゲッターとしても紹介されていますよね!

 

そんな福岡選手ですが実は彼女がいるとか、

実家がエリートで本人もかなり優秀なんて噂がありました!

今回は福岡選手について確認したいと思います!

福岡堅樹は文武両道!プロフィールを確認!

  • 生年月日   : 1992年9月7日
  • 出身     : 福岡県古賀市
  • 身長     : 175 cm
  • 体重     : 83 kg
  • 足のサイズ  : 27 cm
  • 血液型    : A型
  • 学歴     : 福岡高校、筑波大学
  • ポジション  : WTB(ウイング)
  • ニックネーム : けんき
  • 趣味     : ピアノ、ボーリング、ゲーム、コーヒーを飲むこと
  • よく行くお店 : 丸亀製麵
  • 家族     : 父、母、姉
  • 宝物     : 実家の愛猫(るーくん)
  • 将来の夢   : 医者
  • 座右の銘   : stay hungry, stay foolish(スティーブ・ジョブズの名言)

ラグビーをはじめたきっかけは、お父さんにあるそうです。

福岡堅樹選手が5歳の時、

お父さんに玄海ジュニアラグビークラブというラグビースクールに連れていってもらったことがきっかけのようです。

ラグビーを初めて体験した時、ボールを持って走ることの爽快感にハマってしまったそうです。

 

福岡堅樹選手は子供の頃から走るのが速かったそうです。

中学2年生の冬に100 m走で11秒7という記録を出しています。

ちなみに、中学2年生男子の100 m走の平均タイムは15秒18です。

平均タイムと比較しても、かなり足が速かったとわかります、、、!

高校にあがってからも成長は止まらず、11秒2というタイムを記録しています。

“スピードは世界クラス”と言われる理由がわかりますね。

 

〇 高校

福岡高校に進学し、高校3年生の時には全国高校大会に出場しています。

スポーツ選手としての実力がありながらも、医学部を目指していたそうです。

 

〇 大学

福岡堅樹選手は1年間浪人し、

医学部ではなく情報学群情報科学類として筑波大学に進学しています。

偏差値は56です。ラグビーをしながら入学できるなんてすごいです、、、。

 

もちろん入学後もラグビーを続けており、2012年の大学1年生の時には全国大学選手権準優勝に貢献しました。

その時の活躍を、当時の監督 エディー・ジョーンズ ヘッドコーチも認め、ジュニアジャパンにも選出されています。

 

大学2年生の時には、日本代表に選ばれ秋に行われたスコットランド代表戦に出場しています。

 

〇 卒業後

2016年大学卒業後はパナソニックワイルドナイツに入団し、WTBのポジションを獲得しています。

2017年にはサンウルブズでも活躍しており、MVPにもなりました。

 

ちなみに

パナソニックワイルドナイツは日本の国内リーグ戦に出場しているチーム

サンウルブズ→国際的になリーグ戦に参加する日本のチーム

という感じです!

福岡堅樹は結婚しているのか?彼女との噂を確認!

福岡堅樹選手の恋愛や結婚について調べてみましたが、

特に詳細は見つけられませんでした。

 

結論として言えることは、

結婚もしておらず彼女もいないということです。

 

確かに、ラグビーも代表として取り組んでいるだけでも忙しいのに、

医学への道も諦めていない福岡堅樹選手ですから、

恋愛する時間もなかなかないですよね。

 

現在の彼女の情報がなかったので

好きな女性のタイプはを確認してみました!

有村架純さんや国仲京子といった、おっとり系がタイプのようです。

福岡堅樹選手が好きな方は、ぜひ参考にしてみてください!

福岡堅樹の実家が医者でエリート家系!姉・唯子もすごい!

さらに家族がエリートだという噂があったので詳細を確認してみようと思います!

福岡堅樹選手が1年間浪人をしてまで医学部を目指したと紹介させていただきましたが、

その理由は家族にあったそうです。

 

なんと、福岡堅樹選手の祖父は内科医で、父親は歯科医だそうです!

素晴らしい医学家系です!

このような職業の家系環境で育っていれば、物心つく頃には自分も医者になろうと思うのかもしれませんね。

 

福岡堅樹選手も、インタビューで、

幼少期から人間的な憧れで、漠然と医者になりたかったです。(高校2年生の時に膝の手術をして)お世話になった先生への憧れもさらに思いを強くしました。

と語っています。

 

しかし、大学に医学部として進学していないのでラグビー一筋になったのではないか?

と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

この疑問についての回答を、福岡堅樹選手はインタビューで話しています。

僕は、筑波大学の情報学群に入学し、ラグビー部で活躍する道を選びました。しかし、医学部になる夢を諦めたわけではありません。まだ先のことになりますが、ラグビーの選手として世界の舞台で活躍した後、もう1度医学部へ入学し直して、医学の道を目指したいと考えています。

どのような分野の医学かということに関しては、

自分はアスリート目線を生かしたいので、整形やスポーツ整形などが1番らしさが出せるのかなあと思っていす。

 

ラグビーを辞めてほしくない。

という気持ちにもなってしまいますが、

ぜひ幼い頃からの夢も叶えてほしいです!

 

ラグビー選手として世界で活躍しているだけでも尊敬できるのに、

医学部への入学もしっかりと考えているとは、、、

福岡堅樹選手の文武両道はぜひ見習いたいものです。

 

ここで気になってくることは、“いつ?”引退してしまうのか。ということです。

このことについては、

2019年6月10日に放送された“報道ステーション”の取材で答えています。

 

番組内で松岡修造さんがインタビューをしました。

その時期はすでに明確で、東京オリンピックとのことです。

インタビューでは、

ピーク時期にそれだけ大きな目標があれば挑戦したいです。完全燃焼して、少し惜しまれながら引退するくらいがちょうど良いですね(笑)

と話しています。

 

東京オリンピックは2020年に開催されます。

もう1年後には引退という文字がかなり近づいてしまいます。

福岡堅樹選手は前から考えていたのかもしれませんが、ファンの方からすると、早すぎる!と思っている方も多いでしょう。

 

しかし、ご安心ください!

福岡堅樹選手は文武両道をこなしている選手です!

来年のことについては次のように話しています。

4月以降、ラグビーのプロとして働くようになったら、練習漬けの毎日となるかと思います。しかし、ラグビーと並行して医学部受験の勉強も進めていきたいです。

 

さすが文武両道ができる方です。

今後のラグビー選手としての活躍と、医学部での精進に期待させていただきたいです!

 

ちなみに福岡選手の兄弟もすごいのかも!と思ってしれべてみました!

で確認してみたのですが、

お姉さんがいらっしゃるみたいです!

お名前は唯子さんというらしいです!

 

唯子さんも医学に進まれているんでしょうか?

 

確認してみたところ、

唯子さんは以前劇団四季に所属されていたことがあったそうです!

医学とは別の道ですが、劇団四季に所属されていたなんてすごいですね!!

何事もやりきるという信念を持ったご家族なのかもしれません!

 

ちなみに福岡唯子さんについて調べると

現在は福岡天神のダンススタジオ「Studio Dance & Dream」

ミュージカル歌唱レッスンの講師をされているようです!

クラシックバレーを3歳から初めて

2010年に劇団四季の研究所に入所。

退団後は2013年から自主企画の「”little” Stardust Diner(レストランのウェイターがお客様の近くで歌うイベント)」を定期的に東京で開催されているようです。

結構活動的な方なんですね!

まとめ

ということで今回は福岡堅樹選手について調べてみました!

ラグビーのみならず勉強でもかなり優秀な成績を残されている福岡選手。

 

そんな福岡選手に彼女の噂があったんですが、

調べてみると現在彼女はいないようでした。

おそらく彼女がいるのか気になる方が色々噂を確認されていたんでしょうね。

 

そしてご実家についても調べてみましたが、

福岡選手の祖父は内科医で父親は歯科医のお医者の家系でした!

めちゃくちゃエリート家系でしたね!

 

また、お姉さんも劇団四季に所属したことがあるなど

かなりすごい経歴の持ち主でしたね!

現在はミュージカル歌唱の講師をされていることもわかりました。

 

ということで福岡堅樹選手のことがわかったところで

2019年ワールドカップも、医学部も両方活躍されるように今後の福岡選手を応援していきたいと思いました!

【関連記事】

ラグビーワールドカップが始まりましたね!
今回の出場選手についてプロフィールをまとめました!