俳優

佐藤健が性格悪すぎと言われる理由を確認!現在は性格いいけど変わったきっかけは?

俳優として、現在更に人気急上昇している佐藤健さん。

ドラマ:恋はつづくよどこまでもでは、カッコいい医師役を演じています。

その佐藤健さんの性格が悪い?本当は性格がいい?と噂されています。

そこで今回は、佐藤健さんの性格について詳しくご紹介します。

佐藤健が性格悪過ぎると言われるのはなぜ?

佐藤健さんの性格が悪過ぎると言われるのはなぜか?を調べてみました。

佐藤健さんの性格が悪過ぎると言われる原因は、いくつかありました。

佐藤健の性格が悪過ぎる? ①:モニタリング出演時

佐藤健さんは、バラエティ番組:モニタリングに出演した時の対応が不自然と言われてしまったのです。

佐藤健さんは、モニタリングの、突然佐藤健さんが現れたら?という企画に参加しました。

佐藤健さんはファンや通行人の人に対し、非常に良い対応をしたとされています。

ですが、その対応が不自然すぎるということで、本当は性格が悪過ぎ?とされました。

(佐藤健さんに)気づいたファンに写真撮影や握手をせがまれるもにこやかに対応していて、佐藤さんの神対応が絶賛されていました。

(中略)

「アンケートに答えた女性のリアクションが大げさすぎる」「佐藤さんの名前が出てくるまでの流れが不自然」などとやらせを疑う声がネット上などに溢れ炎上してしまったそうです。

引用元:トピアンサー

このように、不自然や大げさということが噂されてしまったのです。

このため、佐藤健さんの本当の姿ではないと疑われてしまいました

佐藤健の性格が悪過ぎる!? ②:キャバ嬢ビンタ事件

佐藤健さんの性格が悪過ぎる理由として、キャバ嬢をビンタ事件があったとされています。

佐藤さんは1人を口説いていたのですが、脈なしとわかると今度は友達が狙っていた子を口説きだしました。その節操のなさにキャバ嬢が怒って佐藤さんにビンタをしたそうです。このエピソードは週刊誌に載った

引用元:トピアンサー

佐藤健さんは、友達と一緒にキャバクラに行き、アフターも行ったようです。

その時に、佐藤健さんがキャバ嬢にビンタされてしまいました

今の佐藤健さんからは想像も出来ないエピソードです。

佐藤健の性格が悪過ぎる!? ③:三浦翔平との合コン事件 

佐藤健さんは、三浦翔平さんと仲が良かったようです。

佐藤健さんは、三浦翔平さんと女性2人の合わせて4人で合コンをしました。

その時に佐藤健さんの性格が悪過ぎる?と言われる出来事が起きました。

女性陣のルックスに不満な様子の佐藤さんが三浦さんに目配せをすると、三浦さんが「ブース!帰れ!ブース帰れ!」などとコールをかけたそうです。またカラオケでも歌詞に「ブス」という言葉を入れて歌ったため、女性は泣いてしまったと言います。

佐藤さんはそんな状況を見ても、三浦さんをたしなめることはなく女性へのフォローもなかったようです。

引用元:トピアンサー

ですが、この内容は公表やスクープされていることではありません。

このため、佐藤健さんや三浦翔平さんが本当にそのようなことをしたのか?は不明となっています。

また、その他にも佐藤健さんの性格が悪過ぎるというエピソードはありました。

ですが、佐藤健さんほどのイケメンで頭も良くダンスも上手い男性はあまりいません

なので、佐藤健さんの性格が悪過ぎる!?という情報が全てが事実であるとは言い切れません

嫉妬心から佐藤健さんの損となるような情報を流してることも考えられます。

【関連記事】

佐藤健が性格いいと言われたのはなぜ?

佐藤健さんは一方で、性格がいいとも言われています。

佐藤健さんの性格がいいと言われていたのはなぜでしょうか。

佐藤健さんは、

  • 考えがしっかりしている
  • 努力家である

という理由で、性格がいいと言われています

佐藤健は性格がいい:考えがしっかりしている

佐藤健さんの性格がいいと言われているのは、考えがしっかりしている点です。

座右の銘〈臨機応変〉

自分の判断をきちんと持つ

相手の影響を受けない
「大抵のことは考え方を変えることで解決できるようになりました。たとえば、理不尽なことを言われたら、『相手は理不尽な人なんだ』と考えることで、同じ土俵に乗る必要はないし、自分は相手に影響を受ける必要はないんだと思います」

自己アピールをしない

引用元:ポジティブ・ライフ

このように、佐藤健さんはしっかりとした考えを持っています。

佐藤健さんの臨機応変さというのは演技にも出ていると思います。

例えば、

  • 2020年1月スペシャルドラマ:義母と娘のブルースでは、天然キャラ
  • 2020年1月〜の連続ドラマ:恋はつづくよどこまでもは、クールな医師役

というように、ほぼ真逆といってもいいほどの役柄を、佐藤健さんは演じきっています。

佐藤健さんの演技を見ても、臨機応変さというのは分かると思います。

佐藤健の性格がいい:努力家である

佐藤健さんの性格がいいとされているのは、努力家であるためです。

「朝、誰よりも早く現場に入り、夜中までいる。普通なら控室で横になりたいと思うのに、その時間を使って練習されてる」と証言。揚げたてのカツを切る場面でも「パン、パン、パンって。ああこの形、いい感じと思いました」と佐藤の所作の美しさをベタ褒めする。

引用元:ポジティブ・ライフ

こちらは、佐藤健さんが天皇の料理番というドラマに出演した時のことです。

佐藤健さんは、天皇の料理番で料理人の役を演じていました。

そのため、包丁さばきなどが上手くなければ演技として成立しません。

佐藤健さんは、家事が苦手ということを公表しています。

料理を全くしない(=12.08現在)

家事が苦手。特に掃除・整理整頓が苦手。

引用元:有名人データベース

このように、佐藤健さんは料理が苦手のようです。

ですが、演技をするとなると人一倍努力をしていた佐藤健さん。

努力家の男性は非常にかっこいいですよね。

そして、佐藤健さんは見事に天皇の料理番の主役も演じきりました

佐藤健の性格がいい:共演者への配慮が神レベル!

佐藤健さんの性格がいいとされているのは、共演者への配慮が神レベルとされているからです。

映画:8年越しの花嫁では、土屋太鳳さんと共演をしました。

佐藤健さんは、土屋太鳳さんのマッサージなどを率先とやっていたようです。

映画「8年越しの花嫁」で共演したときは、特殊メイクで長時間動けない状態だった土屋太鳳さんの足をマッサージするなど、献身的な態度で接していたりもしています。

引用元:haru-journal

土屋太鳳さんの役は、寝たきりや体の不自由な役でした。

このため、土屋太鳳さんはいつもと違う動きのため、足腰などに疲労が溜まっていたと思います。

佐藤健さんはマッサージをして、サポートをしたとされています。

佐藤健さんの優しさがとても伝わるエピソードですね。

佐藤健の性格が良くなったけど、変わったきっかけは何?

佐藤健さんの性格が良くなった・変わったきっかけは何?かを調べてみました。

佐藤健さんの性格が良くなったきっかけは、性格が悪いと言われていた時期に関係していました。

佐藤健さんの性格が悪いと言われていたのは、2012〜2013年頃です。

2012年と2013年に集中した佐藤健さんの性格が悪いというエピソードも、2013年以降に次第に、他人への気遣いがクローズアップされるようになりました。

引用元:ラヴォール

このように、2013年以降には佐藤健さんの性格が悪過ぎる・悪いということは聞かなくなりました。

また、

連続して、性格の悪さをネットや週刊誌で取り上げられたため、所属事務所から指導を受け、佐藤健さんも反省し、行動や言動を注意するようになったという話もあります。

引用元:ラヴォール

このように、佐藤健さん自身も反省したとされています。

佐藤健さんの性格がよくなった・変わったきっかけは反省したからでは?ともされています。

佐藤健の性格が変わったきっかけ:広末涼子との不倫?

佐藤健さんの性格がよくなった・変わったきっかけとして広末涼子さんとの不倫があげられています。

❝広末涼子さんはタクシーに乗ると15分ほどの高級マンションへ向った。インターホンを押しオートロックのドアを開けてもらうとマンションの中へと消えて行った。広末涼子さんが訪れた部屋の主は佐藤健さんだった❞
引用元:【広末涼子 かつて共演した佐藤健のマンションにお泊まりをする(女性セブン2014年3月13日号)】

引用元:ラヴォール

佐藤健さんと広末涼子さんの不倫は新聞にも載りました。

このため、佐藤健さんにとってスキャンダルになりました。

2014年ということなので、佐藤健さんもまだ20代です。

ベテラン俳優ではなかった時代にスキャンダルが起きてしまいました。

佐藤健さんもこの時に1番反省をしたのだと思います。

まとめ

  1. 佐藤健さんの性格が悪過ぎるといわれていたのは、ビンタ事件や合コン事件が原因でした。
  2. 佐藤健さんの性格がいいとされているのは、努力家なところやしっかりした考えを持っているためです。
  3. 佐藤健さんの性格は、スキャンダルなどがきっかけで2014年頃からよくなったといわれています。

佐藤健さんの性格が悪過ぎるとされているのも、もしかすると若かったからかもしれませんね。

佐藤健さん自身がしっかり振り返ったのだと思います。

そして、今の佐藤健さんになったのでしょう。

佐藤健さんのことをますます応援したくなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【関連記事】