アーティスト

superflyの休養はなぜ?ボーカル・越智志帆が喉の病気!がんで激やせ?

越智志帆さんと言えばsuperflyのボーカルで圧倒的な歌唱力で次々とヒット曲を生み出しているメンバーの一人です。

今年の紅白歌合戦にも参加されるなど大活躍を続けている越智さんですが、一時期休養されていたことをご存じでしたでしょうか?

休養されていた理由は何だったんでしょう。また、激やせしていたとの噂もありましたので、確認していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

スーパーフライが休養?期間や休養発表の内容を確認!

superflyのボーカルと言えばハイトーンボイスに迫力のある歌声が特徴で、女性アーティストの中でもトップクラスの実力がありましたが、2016年7月29日に突如喉の違和感を訴え、治療に専念するために休養期間に入りました。

予定していたイベントや夏フェスなどはキャンセルになり、公式サイトで発表しています。

公式サイトの発表によると

「先月よりSuperfly 越智志帆は喉に違和感を覚え、現在、医師の診察と治療を受けております」と現状を明かし、イベントに向けて調整を続けてきたが「本人が納得できるようなパフォーマンスができるまでには回復しておらず、医師からもやや長期間の治療を要するとの診断を受け、今夏中の回復の見通しが立っておりません」「本人は出演を希望しましたが、事務所としては彼女の回復を最優先とすべきと考え、やむを得ず、今夏予定しているすべてのイベント出演をキャンセルさせていただくことを決断いたしました」

引用:ORICON NEWS

と発表がありました。

ご本人としても活動したい思いと本来のパフォーマンスが発揮できない状態にかなり悩まれ、苦渋の決断をされたんでしょうね。

どのくらい休養していたのか?

休養を発表してから約1年8カ月の間しっかりと治療に専念されました。

休養期間とはいえ、治療に入る前に収録した21、22stシングル「Good bye」、「99」を発表したり、ライブDVD「Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!」や2017年4月にはデビュー10周年を記念してファン投票で選ばれた上位39曲を収録したベストアルバムを発表しておりました。

治療に専念している期間も継続的に作品のリリースを行ってきたため、休養期間をあまり感じさせない工夫を行っていたのかもしれません。

【関連記事】

スーパーフライの休養はボーカル・越智志帆が喉の病気のせい?

公式サイトでも発表があった通り、喉の違和感が原因で休養期間に入った越智志帆さん。

歌手にとっては生命線ともなる喉の不調ですが、具体的な病名については言及しておりませんでした。

しかし、歌手の方が喉の病気にかかりやすい病気として急性声帯炎や声帯結節に陥った可能性が高いと考えられます。

いずれの病気も声帯に高い負荷かかる事によって炎症を起こしたり、ポーリプ状の腫れが出来てしまう病気です。

知名度が上がり、人気が高くなるにつれて歌う頻度が高くなり、喉に負担がかかっていたのかもしれませんね。

放っておくと慢性化して完治が難しくなってしまう場合もあるので、安静にして治療に専念することが大切です。

復帰後が話題に!

2017年11月に10周年記念ライブを機に復帰した越智志帆さん。

復帰ライブやは東京オペラシティ・コンサートホールにて行われ、オーケストラの演奏とともに迫力のあるパフォーマンスを披露しています。

その際全国の映画館で生中継されるなど、全国のファン達と復帰を喜びました。

以前にも増して圧倒的な歌唱力を披露した越智志帆さんに歌声を聞いたユーザーからは

Superfly復帰おめでとう!!! 髪の毛切ってて格好良くなってた!!! 歌い方も昔とだいぶかわってて ビブラートもきいてて 年相応の歌い方って感じで 落ち着いててとても良かったです( *˙ω˙*)و

Superfly復帰の場でこの歌唱力はすげえよ…

Superfly復帰したの!?あまりの歌唱力に茶の間が静かになったわ。

など思わず聞き入るほど素晴らしい歌声を披露してもらいました。

病気をただ治すだけでも大変なのに、これ程の歌唱力を発揮する越智志帆さんの影の努力は相当なものだったと考えられます。

スーパーフライ・越智志帆が激やせしたのはがん治療のせい?

無事復帰を果たした越智志帆さんでしたが、その姿を見て驚かれた方も多いのではないでしょうか?

こちらが2015年の越智志帆さん。ロングヘアーですらっとした印象はありますが、痩せすぎてはいないよいうですね。

 

こちらが休養後2017年の紅白歌合戦に出場した時の1枚です。

今までの特徴的なロングヘアーをバッサリと切り、ベリーショートに髪型が変わり、体型も依然と比べて細身の姿になっておりました。

2017年に出場した紅白歌合戦で初めて地上波のテレビでいきなり印象がガラッと変わった越智志帆さんの姿を見てがんの治療の影響によるものではないかと一部で噂が上がりました。

がんに関するコメントはありませんでしたので、全く可能性がゼロというわけではないですが、今現在越智志帆さんさんは喉の不調もなく完全復活した状態で音楽活動を続けていますので、可能性は低そうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はsuperflyの休養はなぜ?ボーカル・越智志帆が喉の病気!がんで激やせ?についてをご紹介させて頂きました。

喉の不調で1年8カ月の休養期間に入られた越智志帆さんでしたが、復帰してからは依然にも増して歌声の魅力に磨きがかかり、2019年もドラマ主題歌や3度目の紅白歌合戦に出場が決定するなど、人々を魅了し続けています。

今後もそんな素晴らしいアーティスト、superfly越智志帆を当サイトは引き続き応援し続けていきます。

今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

【関連記事】

 

スポンサーリンク