俳優

竜星涼の経歴まとめ!昔の幼少期の画像やデビュー当時の画像は?

俳優として活躍中の竜星涼さん。

子供達の間ではキョウリュウレッドだ!と言われることも多いです。

実際に私の子供も、竜星涼さんが主演だったキョウリュウジャーを観ていました。

竜星涼さんは、戦隊モノをきっかけにし、色々なドラマや映画に出ることになりました。

竜星涼さんの経歴や幼少期の画像など、非常に気になる人も多いです。

そこで今回は、竜星涼さんの経歴や幼少期・デビュー時について詳しくご紹介します。

竜星涼の経歴をまとめてみた!

竜星涼さんの経歴についてまとめてみました。

竜星涼さんのドラマ・映画・舞台出演の経歴はこちらになっています。

2010年 素直になれなくて 出演
2011年 桜蘭高校ホスト部 出演
2012年 映画:ライアーゲーム 出演
舞台:OZ/オズ 主演
2013~2014年 獣電戦隊キョウリュウジャー 出演
2015年 映画:orange-オレンジ- 出演
2016年 お迎えデス。 出演
こえ恋 出演
映画:泣き虫ピエロの結婚式 出演
映画:Bros.マックスマン 出演
2017年 ひよっこ 出演
映画:22年目の告白―私が殺人犯です― 出演

竜星涼さんは非常に多くのドラマや映画に出演しています。

また、舞台でも竜星涼さんは主演を務めた経験があります。

竜星涼の経歴:デビュードラマは素直になれなくて

竜星涼さんは、ドラマ:素直になれなくてでドラマデビューをしています。

こちらは竜星涼さんのドラマデビュー:素直になれなくての相関図です。

竜星涼さんは高橋正文という役を演じていました

高校を舞台にしたドラマでしたが、その高校生役の1人が竜星涼さんです。

竜星涼の経歴:舞台で主演!?

竜星涼さんの経歴をまとめてみると、舞台で主演をした経験があります。

竜星が演じるムトーは一番強いとされるランクAの職業軍人。アクションシーンが多く、「受け身をしたり、転がったり、あざを作りながら毎日死に物狂い」で取り組んでいる。

 2021年、第三次世界大戦後の混沌とした時代が舞台の「OZ」について、曽世は「『オズの魔法使い』をモチーフにして、近未来政府に置き換えた作品」と説明。3度目の出演となる曽世は、これまでと役が変わり1019という機械人間を演じる。「物差しを機械の方に置き換えて、人間の気持ちを推し量るのが面白い」と語った。

引用元:朝日新聞DEGITAL

主演舞台:OZのインタビューでの竜星涼さんのコメントです。

竜星涼さんの舞台にかける想いが非常に伝わります。

また、主演という大役を務めた竜星涼さん。

アクションシーンも大変だったようですが、ここで俳優としての精神が鍛えられたのかもしれません。

ちなみに、竜星涼さんは初出演の舞台で初主演という大役を務めています。

竜星涼の経歴:映画の吹き替えとしても出演している

竜星涼さんはドラマや舞台以外にも映画に出演しています。

竜星涼さんは2019年、トイストーリー4で声優にもチャレンジしています。

――ディズニー・ピクサー作品について

竜星さん「自分が幼かった時からあるというのが大きいですよね。そのうちの一つが『トイ・ストーリー』で、いつの間にか観ていました。(声優は)やってみたい気持ちもありましたし、“声が好きです”と言ってくださる方もいて、本当にタイミングですよね。その最初のタイミングが合った作品が『トイ・ストーリー4』だったのは僕にとっては、ハードルは高かったですけど、運命的でした。」

引用元:シネマクエスト

このように、竜星涼さんは映画に対しての意気込みを語っています。

竜星涼さんが幼少期の頃から観ていたトイストーリー。

トイストーリーは9年ぶりに続編が出たことで話題を集めていました。

竜星涼さんも声優にチャレンジすることが出来て、非常に嬉しかったようです。

竜星涼の経歴:パリコレにも出ていた!?

竜星涼さんは、俳優としての経歴はもちろんのこと、パリコレにも出ていました。

竜星涼さんは、2016年・2017年と2年連続パリコレに出場しています。

そして2回目となる2017年では、レディースとも仕事ができたと話しています。

2度目の舞台は「メンズだけでなくレディースとも仕事ができたことはとてもエキサイティングで感慨深かった。パリで見る歴史や色彩、文化、ファッション全てのものが役者をやっている以前に1人の表現者として多くのイマジネーションがはたらき、自分自身を考えるとても有意義で贅沢な時間でした」と、前回以上に充実した経験となった。

引用元:ORICON NEWS

このようにインタビューに応じている竜星涼さん。

そして、パリコレは俳優として活躍していてもオーディション形式で行われます

すなわち、選ばれた人しか出演することが出来ないのがパリコレの魅力の一つです。

竜星涼さんは2年連続オーディションで勝ち進みパリコレに出場しました。

俳優としてだけではなく、モデルとしても評価を得ている竜星涼さんです。

【関連記事】

竜星涼の幼少期の画像を確認!

竜星涼さんの幼少期の画像を確認してみます。

こちらが幼少期の竜星涼さんの画像です。

子供の頃の画像を見ると竜星涼さんは非常に可愛いです。

幼少期の竜星涼さんはどのような人だったのでしょう。

幼少期の竜星涼:うさぎが好きだった

子供の頃といえば、うさぎのぬいぐるみをずーっと大事にしていて、一緒にいると落ち着く存在だった。

「うさちゃん」って呼んでたな()

引用元:ar web

竜星涼さんは、幼少期にうさぎのぬいぐるみが好きだったことを公表しています。

イケメンの竜星涼さんからは想像しがたいです。

可愛いものや甘いものが好きとも公表している竜星涼さん。

うさぎのぬいぐるみを非常に大切にしていたようです。

幼少期の竜星涼:ディズニーランドでの思い出

ディズニーランドに連れて行ってもらった時に、買ってもらったポップコーンは『トイ・ストーリー』のバケット。今でもすごく覚えてるよ。

(中略)

そんなずっと見ていた大好きな作品『トイ・ストーリー』なんだけど、なんと今公開中の第4作では僕も声優として参加させてもらったんだ。夢みたいだよ!!!!

引用元:ar web

竜星涼さんは幼少期、ディズニーランドへ行きました。

その時に買ってもらったトイストーリーの入れ物に入ったポップコーンが印象的だったようです。

竜星涼さんは、トイストーリーの吹き替えもしています。

やはり、トイストーリーが好きだったようです。

幼少期の竜星涼:サッカーが好きだった

竜星涼さんは、小学校〜中学3年生までサッカー部に所属していました。

竜星涼さんと同じサッカーチームには、岩渕真奈選手がいたのです。

司会者が「今、一番再会したい人は?」と質問した流れでの一幕。岩渕は、同じサッカーチームで初の女性選手だった。

(中略)

 W杯で輝く岩渕には刺激を受けた様子で、「もう一回、一緒にサッカーをやってみたいなと思いますね」と話した。

引用元:スポニチ

こちらは、竜星涼さんが「泣くな赤鬼」の舞台挨拶でのコメントです。

竜星涼さんと岩渕真奈さんは小学校時代同じサッカーチームでした。

岩渕真奈さんに会いたいと話していた竜星涼さん。

いつか会えるといいですね。

幼少期の竜星涼:夢はパティシエだった!?

役者をしていなければ、何をしていた?

スカウトされる高校2年生の時までは、パティシエになりたいなと思ってました。
パティシエの見た目のこだわりとか、造形に対する美意識というものに憧れを持った時期はありましたね。

引用元:NAVER

こちらは、竜星涼さんのインタビューでのコメントです。

竜星涼さんは、高校2年生の時までパティシエになりたかったようです。

甘いものが好きとも言っていた竜星涼さん。

芸能界に入っていなければ、パティシエになっていたかもしれません。

実はパティシエの専門学校行こうって探してたとき、この世界にスカウトされたんです。パティシエという夢も映画とかドラマの影響からだったし、役者になって『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』を手がけていた脚本家の方と別のドラマで一緒にお仕事できたり……だから、今も全部繋がってるんですよ。

引用元:VOGUE GIRL

竜星涼さんは、インタビューに応じた際、パティシエの専門学校を希望していたとコメントしています。

ですが、芸能界入りをしようと決めました。

パティシエになろうと思ったきっかけがテレビや映画の影響だったためです。

パティシエと芸能界は全然違う世界と思います。

ですが、竜星涼さんは繋がっていると捉えています。

竜星涼のデビュー当時の画像を確認!

竜星涼さんのデビュー当時の画像を確認しました。

こちらの画像が、竜星涼さんのデビュー当時の画像です。

また、こちらの画像は、デビューして間もない頃の竜星涼さんの画像です。

どちらの画像も今の面影があります。

非常に爽やかでイケメンの竜星涼さんです。

竜星涼のデビュー:きっかけはスカウト?

竜星涼さんのデビューのきっかけはスカウトです。

竜星涼さんは、美容院に行く途中でスカウトを受けました。

それまで、竜星涼さんは芸能界には興味がなかったのです。

「何事にもトライする気持ちが大事だと思います。“自分の夢に向かって何をするべきなのか”……それを考えることは多々あると思いますが、まずは動いてみないと何も始まらない。扉をノックして開いてみないと、何が始まるかわからないですし。だから何でもとにかくやってみること。思いついたらやってみる。その挑戦に必要なことがあれば、それもちゃんとやる。そういう姿勢が大切なんじゃないかなと思います」

引用元:Review

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』という映画公開でのインタビューを受けた竜星涼さんのコメントです。

きっかけはスカウトでしたが、何事もチャレンジする気持ちが大切のようです。

竜星涼さんにとっては思いがけない出会いだったと思います。

ですが、竜星涼さんはチャレンジ精神でここまで有名な俳優になれました

竜星涼さんの活躍はとても素晴らしいです。

竜星涼のデビュー当時:すぐに俳優としてデビューしていた!?

竜星涼さんがスカウトを受けたのは、2009年です。

そして、2010年4月に素直になれなくてで俳優デビューをしています。

竜星涼さんは、芸能界入りを目指していたわけではありません。

ですが、1年しないうちに俳優デビューをしていることが分かりました。

天才肌なのでは!?と思う人も多いです。

ですが竜星涼さんは、天才肌ではないと公表しています。

セリフは覚えられるほう?
全然(笑)。僕は見てパッと覚えられる天才タイプではないから。

どうやって覚えるの?
ひたすらずっと発していますよ。電車の中だろうがなんだろうが、ずっと言ってます、不審者だと思われてるかも(笑)。

引用元:VOGUE GIRL

このように竜星涼さんは話しています。

一見すると、

  • 天才肌
  • 器用な方(サッカーも出来るし、俳優も出来る!)

と思いがちですが一生懸命セリフを覚えていることが分かりました。

竜星涼さんは、セリフを覚えるためにずっと言葉を発しているようです。

竜星涼のデビュー当時:実はモデルの方が好きだった!?

星竜涼さんは俳優として活躍しています。

ですが、俳優よりモデルの方が合っていると思っているようです。

元々、ファッションに興味があった竜星涼さん。

結構いろんなタイプの作品に出ているけど、俳優って仕事は自分に合ってると思う?
最近やっと思えるようになりましたね。もともと芝居よりも、モデルだとか、そういうほうが評価されてきたので。服も好きだし。

引用元:VOGUE GIRL

2020年現在では、俳優の方が良いと思えているようです。

ですがデビュー当時はモデルの方が仕事としては好きだったようです。

まとめ

  1. 竜星涼さんの経歴を確認すると、俳優だけではなくモデルとしても活躍していました。
  2. 竜星涼さんの幼少期は非常に可愛く、うさぎのぬいぐるみが好きでした。
  3. 竜星涼さんのデビュー当時の画像を見ると、爽やかなイケメンでした。

竜星涼さんは、多彩な才能の持ち主ということが分かりました。

今後もますます、竜星涼さんの活躍を応援したいないと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【関連記事】