竹野内豊

竹野内豊の学歴まとめ!母校は偏差値50の豊南高校?中学や大学も確認!

竹野内豊さんといえば、人気・実力ともに認められている俳優さんですよね。

その抜群のルックスからも女性ファンのみならず、男性からも憧れられている存在でもあります。

そんな竹野内豊さんですが、学生時代はどのように過ごしていたのでしょうか?

今回は、竹野内豊さんの学歴について調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

 

竹野内豊の学歴まとめ!出身中学はどこ?

竹野内豊さんは所沢市立西冨小学校卒業後、所沢市立向陽中学校に進学しています。

もともと東京都調布市で生まれたのですが、すぐに東京都豊島区池袋に移住し、その後埼玉県所沢市で学生時代を送ることになります。

両親と姉の4人家族のもとで育ち、家族仲が良く、いつも笑いの絶えない明るい家庭だったそうです。

所沢市立西富小学校に通っているときはとても活発な少年で、近所で川釣りをしたり、山に探検しにいったりしていました。

外遊び以外にも、絵を描くことが好きだったそうで、感性がするどい子供だったとか。

所沢市立向陽中学校に進学してからは、器械体操を習っていたそうです。

バック転も得意だったそうですから、あの容姿で運動神経抜群だったらかなりモテたでしょうね。

中学時代は人生最大のモテ期だったそうで、『所沢の東山』と呼ばれ、年下の女子に大人気でした。

中学卒業式のときには、制服のボタンが全てとられてしまうほどのモテっぷりだったそうです。

中学校は校則が非常に厳しかったそうですが、卒業する日だったので何も言われなかったみたいですよ。

【画像】竹野内豊の中学・高校の卒アルを確認!学生時代の部活は?竹野内豊さんは渋いルックスで人気の俳優です。 1月16日発売の女性自身によるとコロナ禍の外出自粛期間中に料理を始めたという竹野内豊さん...
【画像】竹野内豊は顔変わった?劣化や老けたと話題!若い頃の画像と比較若い頃から現在にいたるまで第一線で活躍している竹野内豊さん。 年齢を重ねて大人の男性の魅力が増しているように思いますよね。そんな竹野内...

竹野内豊の母校は偏差値50の豊南高校?噂の真相を徹底調査!

竹野内豊さんは、東京都豊島区にある豊南高校出身です。偏差値は50程の私立高校のようですね。

現在この高校は共学になっているのですが、当時は男子校だったそうです

豊南高校も校則が非常に厳しく、制服も正しく着ないといけませんでした。竹野内豊さんも真面目な生徒でヤンキー化することもなかったそうです。

そして、高校在学中にモデルデビューしたのですが、高校時代に彼女はいなかったそうです。

2015年に「世界で最もハンサムな顔100人」に選ばれたほどなのに、女性関係は奥手なんですね!

おなじ豊南高校出身の芸能人には、俳優の松田優作さんやタレントの工藤兄弟、山田まりやさんがいらっしゃいます。

竹野内豊さんがモデルになったのは、母と姉が勝手にオーディションに応募したからだそうです。

オーディションではグランプリを獲得しましたが、もともとモデルになりたかったわけではないため、竹野内豊さんが23歳の時に俳優へ転身しました。

芸能活動と並行してしっかり勉強もしていたので、高校は3年間で卒業することができました。

竹野内豊さんの卒業アルバムを見ると、まだまだあどけない雰囲気がのこっていますが、可愛さとかっこよさが相まってとっても良いお顔をしていますよね。

竹野内豊の最終学歴を確認!大学には進学した?

竹野内豊さんは高校卒業してからは、大学に進学せず、モデルの仕事を続けていました。

その後すぐに俳優に転身するのですが、意外にも最初の仕事は順調とはいあず、理想とする役者としての演技ができず、悩んでいたそうです。

若いころからすぐにブレイクしたイメージがあったのですが、裏ではかなり努力していたのですね!

今や日本を代表する男性俳優のひとりですし、数々の演技賞を受賞した竹野内さんですが、かなりストイックで努力家のようですね。

その後、1994年には「ボクの就職」に出演し、ドラマデビューを果たします。

そして、翌年大ヒットとなったドラマ「星の金貨」の演技が注目され、ゴールデンアロー賞新人賞を受賞しました。

続く1996年「ロングバケーション」、1997年の「ビーチボーイズ」は不屈の名作とされ、大ブレイクとなります。

業界内でもその演技力や存在感が評価されており、2001年に初主演をつとめた映画「冷静と情熱のあいだ」では、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。

その後もドラマや映画、CMと引っ張りだこで、人気俳優としての地位を確立していますね!

ちなみに竹野内豊さんは実は英語力も高く、2011年11月19にシドニーで開催された「第15回日本映画祭」にて、流暢な英語でのスピーチを披露したのです!

このとき主演映画「 太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」「大木家のたのしい旅行新婚地獄篇」が上演され、自ら英語で舞台挨拶をしました。

特に留学経験があるわけでもないのですが、過去にドラマ「不毛地帯」での撮影で、英語を勉強したそうです。

アメリカ人教師が毎日みっちり3時間指導してくれたそうで、かなり猛特訓したみたいですね。

竹野内豊さんの母校である私立豊南高等学校は、受験サプリの導入、小論文の作成や大学並のカリキュラムをもとめられ、英会話に力を入れているエリート高校だったようです。

学生時代に特別英語の勉強をしたわけではないようですが、学校の仕組み上、一般的な学校に比べて自然と身に付いたのかもしれません。

もちろんそれだけで発音よく英語でスピーチできるわけではないので、舞台挨拶のために特訓をした成果ですよね!

まとめ

今回は、竹野内豊さんの学歴について紹介しました。

両親と姉の4人家族で育った竹野内豊さん。家族仲がとても良く、今でも交流があるそうです。

残念ながら父は亡くなってしまいましたが、最初は反対していた芸能活動も最後はとても応援してくれていたみたいですね。

今後、俳優としてさらなる活躍を期待したいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

【画像】竹野内豊の中学・高校の卒アルを確認!学生時代の部活は?竹野内豊さんは渋いルックスで人気の俳優です。 1月16日発売の女性自身によるとコロナ禍の外出自粛期間中に料理を始めたという竹野内豊さん...
【画像】竹野内豊は顔変わった?劣化や老けたと話題!若い頃の画像と比較若い頃から現在にいたるまで第一線で活躍している竹野内豊さん。 年齢を重ねて大人の男性の魅力が増しているように思いますよね。そんな竹野内...

 

スポンサーリンク