アーティスト

山内惠介の経歴が壮絶!現在氷川きよしとの仲はいいの?

演歌歌手の山内惠介さん。

演歌歌手として20周年コンサートをする予定にもなっています。

また、NHK『紅白歌合戦』出場も決定しました。

2019年現在、36歳ですので16歳からデビューをしていたのですね。

今回は、

  • 山内惠介さんの経歴
  • 氷川きよしさんとの関係性

などについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

 

山内惠介が演歌を始めたきっかけとは?

山内惠介さんが演歌を始めたきっかけは、山内惠介さんの母親の影響です。

山内惠介さんの母親は、演歌歌手:美空ひばりさんの大ファンでした。

そのため、山内惠介さんは

お腹の中にいる時から美空ひばりさんの歌を聴いていたのです。

 

また、生まれた後も美空ひばりさんのコンサートに親子で行っています。

母親の膝の上で毎年美空ひばりさんを観ていました。

 

山内惠介さんが高校1年生の時、福岡県のカラオケ大会に参加しました。

このことも、演歌歌手としてデビューしたきっかけの1つです。

そこで作曲家:水森英夫の目に留まり、山内惠介さんは上京をしました。

演歌歌手としての才能を認められたということですね。

山内惠介は17歳でデビュー

山内惠介さんは17歳でデビューをしています。

ですが、すぐに人気が出たわけではありません。

──17歳という若さでデビューして、なかなか芽が出ない。故郷に帰りたいと心が折れたことはなかったですか?
山内 デビュー当初は忙しくて、それどころではなかったんですよ。

-中略-

だけど3年、4年と結果が出ないと、だんだん歌える場所も減ってきて。その頃が一番辛かったですね。恩師の水森(英夫)先生にも「(故郷に)帰ったほうがいいんでしょうか」と相談したこともありました。

──その時、水森先生は?
山内 「今は耐えろ」とおっしゃいました。「覚悟して歌手になったなら、そう簡単に普通の生活に戻ろうなんて思うな」とも。

引用元:ORICON MUSIC

水森英夫さんは、山内惠介さんの第二の父親という存在だったのですね。

山内惠介さんが売れずに苦しんでいた時期も、サポートしていた水森英夫さん。

演歌歌手デビューとしてのきっかけを与えた水森英夫さんです。

最後まで責任を取ろうと決意していたのではないでしょうか。

【関連記事】

山内惠介の演歌デビュー後の経歴が壮絶と話題!

年代 曲名 最高ランキング
2001年 霧情 圏外
2005年 流氷鳴き 圏外
2006年 船酒場 53位
2007年 つばめ返し 60位
2009年 風蓮湖 16位

山内惠介さんの演歌デビュー後、約8年間の経歴です。

演歌デビュー後もほとんど売れない時期が続き壮絶だったことが分かります。

転機が起きた2009年、山内惠介は北海道で活躍

山内惠介さんは福岡県出身ですが、数多くの北海道の楽曲を歌っています。

2009年の風蓮湖はまさに、北海道の特定の土地を舞台にした歌です。

ですが、山内惠介さん以外にも多くの歌手が北海道の歌を歌っていますね。

山内惠介さんが北海道で活躍できたのはなぜなのでしょうか?

まずは「風蓮湖」以降も継続して北海道プロモーションを実施し、現地メディアでのレギュラー番組を持っていることが強みとして挙げられるだろう。そしてその根底にあるのが、彼の親しみやすい人柄。最近ではファンへの丁寧な対応が様々なメディアでも取り上げられているが、スタッフやマスコミなど、誰に対しても分け隔てなく真心をもって接する。北海道でのラジオ出演の際には毎回1人で出向き、現場スタッフとも良好な関係を築いているというエピソードからも、その人柄が内面からにじみ出ているものだということがわかる。

水森先生に言われたのが、お前はデビューが早かったし、内弟子生活もそんなに長くなかったから、お客様に磨かれて育ててもらうんだなって。この言葉をもらって長くなりますけど、本当にその通りだと思うんです。狙ったり、なれ合いでやってたりすると、すぐばれますし、ファンの方に喜んでもらえる歌を歌っていくにはどうすればいいのか、いつも追求しています。キャンペーンは本当に磨かれる場所ですね」。

引用元:ORICON MUSIC

やはりここでも、水森英夫さんの教えがあったのですね。

そして山内惠介さんもその教えをしっかり守っていました。

キャンペーン活動は1年で100回以上行っていたのです。

演歌歌手がキャンペーン活動をしていたと聞くと、経歴が壮絶だと思いますよね。

ですが、山内惠介さんは前向きに捉えて活動をしていたのです。

そうした信念・真っ直ぐな気持ちがファンを増やしたのでしょう。

そして、山内惠介さんの人気が上昇していったのですね。

山内惠介の現在の人気が凄いけど、氷川きよしとは仲はいいの?

山内惠介さんは現在人気がとても凄いですね。

では、氷川きよしさんとの関係性ですが、仲が良いといわれています。

「どうもぅ~ 山内惠介でーす」って出て来ました(笑)」

2019年に氷川きよしさんはプレミアムサイン会を行いました。

その際の、氷川きよしさんのセリフです。

ファンの方にとっては、とても嬉しかったようですよ。

山内惠介:現在の人気の凄さはどれくらい?

2019年現在のディナーショーは全席完売となっています。

このことからも、山内惠介さんの現在の人気はとても凄いですね。

「月刊ミュージック★スター1月号を買いました。
松尾雄史くんが表紙と記事6ページ。
山内惠介さんの記事が4ページ。
三丘翔太くんの記事と連載で3ページ。
水森門下生が大活躍!」

「糸島市では毎年メッセージ集めてご本人に渡して下さっているのですね。綴られて惠ちゃんに届く見たい。凄いな、嬉しいな。送ってみます。」

「8時過ぎに到着してから握手会まで長く楽しく胸が躍る1日でした⋯*本当は出待ちもしたかったけど相棒ちゃんも朝からお疲れのご様子だったので後ろ髪引かれる思いで帰りました。ブログにバッチリ映ってて笑える。」

といった感じでTwitterでも、山内惠介さんは惠ちゃんとして親しまれていますね。

1週間で150件近いツイートがされているのです。

演歌歌手でこれだけ多くのツイートをされる山内惠介さん。

誰からも好かれる歌手は少ないのではないかと思います。

山内惠介と氷川きよしは同じ門下生?出身地も同じ?

山内惠介さんと氷川きよしさんは同じ門下生です。

作曲家:水森英夫さんの弟子でした。

また、山内惠介さんと氷川きよしさんの出身地は同じく福岡県なのです。

ですが、同じ門下生・出身地というだけでは仲良しとは言えないですよね。

氷川きよしさんのラジオの音源です。

  • 山内惠介さんとは毎日電話をしている仲
  • 山内惠介さんのモノマネを披露する

など、仲の良さが分かるのではないでしょうか。

ポスト氷川きよしと言われていた山内惠介さん。

仲が悪いのか?ライバルなのか?思ってしまいますよね。

ですが、本当はとても仲良しだということが分かりました。

まとめ

  1. 山内惠介さんが演歌を始めたきっかけは、母親が美空ひばりさんのファンだったためです。
  2. 山内惠介さんは約9年間売れなかった壮絶な経歴の持ち主です。
  3. 山内惠介さんは現在非常に人気が凄く、ディナーショーも完売です。
  4. 山内惠介と氷川きよしさんは毎日電話をするというほど仲良しです。

売れなかった時代、山内惠介さんの人柄の良さと一生懸命さで乗り越えたのですね。

だからこそ、惠ちゃんという愛称をつけてもらえているのでしょう。

また、色々な世代から好かれていることも納得ですね。

今後もますます応援したくなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

【関連記事】

 

スポンサーリンク