小泉 孝太郎

小泉孝太郎の演技力の評判を確認!演技下手との噂も?経歴まとめ

小泉孝太郎さんはバラエティ番組などにも多く出演されていますが、昔からドラマでも多数活躍されていますよね!

そんな大人気な俳優さんですが、演技が下手だという噂があるそうです。

今回は気になる小泉孝太郎さんの演技力について徹底調査していきます。

また、小泉孝太郎さんのこれまでの経歴についても調査していきます。

是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

小泉孝太郎の演技力は?世間の声や評価を調査してみた!

小泉孝太郎さんの演技力の評判について調査していきます。

様々な作品に出演されている小泉孝太郎さんが世間ではどのように評価されいるのか確認してみます。

小泉孝太郎さんの演技力については様々な意見が見られました。

小泉孝太郎さんは演技が上手いという声が多く見られるのですが、特に絶賛されている役は共通点があったんです!

それがズバリ、悪役なんです。

下町ロケットでの小泉孝太郎は演技が上手い!

阿部寛さん主役のドラマ『下町ロケット』は幅広い年代から絶賛されたドラマで視聴率もかなり良かったですよね!

その作品の中でも大絶賛されていたのが小泉孝太郎さんの悪役ぶりです。

いつもの優しい役ではなく、かなり視聴者を苛つかせる役に挑戦されていました。

私もリアルタイムで視聴していましたが、演技だと分かっていながら腹立たしい役で小泉孝太郎さんの演技に感動しました。

世間でもかなり絶賛されていた様で、小泉孝太郎さんの悪役に期待している方も多い様なんです。

八重の桜の小泉孝太郎も悪役ぶりが人気!

もう1つの作品『八重の桜』でも小泉孝太郎さんの悪役ぶりが人気なんです。

綾瀬はるかさん主演の大河ドラマで小泉孝太郎さんは徳川慶喜を演じました。

この作品では小泉孝太郎さん自身も「変人で嫌な役」と認めるほどなんです。

世間でもこの小泉孝太郎さんの悪役ぶりがかなり話題になりました。

独特の目つきや滲み出る性格の悪さが視聴者にもしっかり伝わっていましたよね。

世間でもかなり多くの高評価コメントが多く見られています。

この事から、小泉孝太郎さんの人気な役は悪役という事が分かりますよね。

これから個性的な役柄が増えていく可能性が高くなるかもしれませんね。

小泉孝太郎は演技下手?理由や評判を調査!

小泉孝太郎さんは演技が下手だという声もある様です。

その中でも特に言われていたのがドラマ『ブラックペアン』での演技です。

二宮和也さん主演の医療系ドラマで、小泉孝太郎さんは二宮和也さんのライバル役を演じられました。

エリート医師の役でクールなキャラクターでしたよね。

なぜ、小泉孝太郎さんの演技が下手だと言われているのかを調査してみると3つの理由があげられます。

  • 二宮和也の演技と比べてしまう
  • どの作品も似た役が多い
  • 真面目に演技しすぎる

これらの事が予想されます。

まず、主役を演じられた二宮和也さんは演技が上手いと言われる事の多い方です。

様々なドラマや映画でも主演を務められていますよね。

その自然な演技に比べ、小泉孝太郎さんの演技は大袈裟すぎると言われている様です。

その為、演技も不自然に感じるという声が多く見られました。

そして、小泉孝太郎さんは似た様なキャラクターを演じられる事が多いというのも関係しているのではないでしょうか。

落ち着いたクールな役が多く、演技の幅が狭い俳優さんというイメージを持ってしまいますよね。

そして最後は仕事に真剣すぎるというのも噂になっている様ですね。

何事にも全力で取り組むと言われている小泉孝太郎さんは演技にも力が入ってしまうのかもしれません。

小泉孝太郎の経歴まとめ!

小泉孝太郎さんの経歴をまとめていきます。

2001年(当時23歳)に芸能界入りされた小泉孝太郎さんの画像がこちらです。

爽やかでかなりのイケメンですよね。

20年前という事になりますが、小泉孝太郎さんはあまり顔が変わりませんね!

2002年(当時24歳)にはテレビドラマ『初体験』で俳優デビューをされました。

そして、2003年(当時25歳)にはドラマ『僕だけのマドンナ』にも出演されています。

2004年(当時26歳)にはドラマ『意義あり!女弁護士大岡法江』にも出演されました。

小泉孝太郎さんは映画出演が少ないのですが、かなり多数のドラマに出演されているんです。

2005年(当時27歳)には大河ドラマ『義経』にも出演されています。

そして2006年(当時28歳)にはドラマ『不信のとき〜ウーマンウォーズ』で主役を務められました。

2007年(当時29歳)には人気ドラマ『ハケンの品格』でイケメンだと話題になりましたよね。

かなりのイケメンぶりです。

2008年(当時30歳)にはドラマ『ごくせん 第3シリーズ』にも出演されています。

そして2009年(当時31歳)には大河ドラマ『天地人』に出演されました。

この作品では大国実頼役を演じられています。

小泉孝太郎さんは大河ドラマにも多数出演されている印象があります。

2010年(当時32歳)にはドラマスペシャル『さよなら、アルマ』に出演されています。

翌年の2011(当時33歳)年には連続テレビ小説『カーネーション』にも出演されています。

そして、小泉孝太郎さんといえば、サスペンス系ですよね!

2012年(当時34歳)には『山村美紗サスペンス』に出演されました。

2013年(当時35歳)には『西村京太郎サスペンス』にも!

人気のサスペンスシリーズばかりです。

2015年(当時37歳)にはドラマ『死の臓器』で主演を務められました。

経歴を確認すると小泉孝太郎さんはかなり多くの作品で主演を務められている事が分かります。

2016年(当時38際)にはドラマ『警視庁ゼロ係』でも主演を務められました。

このドラマはかなり人気で4シリーズも続いているんです!

2017年(当時39歳)はドラマ『アキラとあきら』に出演。

2018年(当時40歳)には映画『七つの会議』にも出演されました。

そして現在2020(現在42歳)年も変わらない人気でドラマ『病院の直し方』で主演を務められています。

ご紹介した経歴はほんのわずかですが、小泉孝太郎さんの活躍はデビュー当初から全く変わりません。

これからも多数の作品を楽しみにしたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は小泉孝太郎さんの演技力について徹底調査していきました。

かなり多くの声が見つかりましたが、演技は下手という声上手いという声も確認できましたね。

かなり長い芸歴を持つ俳優さんですが、これからも活躍される事でしょう!

これからも小泉孝太郎さんを応援していきます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク