吉岡里帆

【画像】吉岡里帆は脚太い?激太り疑惑も!ダイエット方法や太りやすい噂も徹底調査

日清どん兵衛のCMで見せる、可愛すぎるキツネ姿で人気の吉岡里帆さん。

テレビで見るたびに吉岡里帆さんが可愛い!と思う方もたくさんいると思います。

そんな吉岡里帆さんですが、とても可愛いらしいのに脚が太いという疑惑が浮上しています。

今回は、吉岡里帆さんが脚が太いという噂について調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

 

【画像】吉岡里帆は脚太い?世間の声や評判も調査!

吉岡里帆さんは女優としてブレイクする前に、グラビアアイドルとして活躍していました。

そのときの画像を見ると、全体的にムチムチしていて、脚が太く短く見えると言われているそうなんです。

一般的に言うと決して太ってはいないと思いますが、グラビアで水着姿になると、角度によっては太ももが太く見えてしまうようですね。

全体的に肉付きが良くて健康的な体型をしているので、男性からしてもとても魅力的なのではないでしょうか。

しかし、世間では吉岡里帆さんの脚が「太い」「短い」という声があがっているようなんです。

実は吉岡里帆さん自身も、自分の体型がコンプレックスで、腰回りや脚が太いことに悩んでいたそうです。

同世代のタレントはかなり細身で華奢な人ばかりなので、比較されるのが嫌で、足を出すような衣装は着ていませんでした。

たしかにグラビア時代の写真を見ると、肉付きが良くてしっかりした足という感じですね。

脚が細くて華奢とは言えないかもしれませんが、かといって太いとも言えない気がします。

水着の場合はどうしてもバランスが重要になってくるので、上半身と下半身がなんとなくバランス悪く見えてしまいますね。

また、ヒールを履けば足長効果もあると思いますが、裸足だとごまかしもきかないですしね。

最近の若い世代は腰の位置が高く、膝下が長くてすらっとした子が多いので、吉岡里帆さんは昭和体型と言えます。

膝下がもう少し長ければ、「脚が短い」と言われることもなかったでしょう。

吉岡里帆さんの下半身が注目されてしまうのには、足の裏と指にも関係があるみたいです。

「おしゃれイズム」に出演した際に、足裏マッサージをうけていたのですが、そのときにとても扁平足だと言われていました。

足の裏の土踏まずが潰れてしまい、足裏が平らな状態を偏平足といいます。

病気というわけではなく、ただ徐々に高くなるはずの土踏まずが用初期から止まってしまっている状態ですね。

扁平足ですと足の指に力が入らず、足裏のアーチがなくなります。

そのため体のバランスが不安定になってしまい、足首などに余計な力が入ってしまい、変に下半身が立派になってしまうのです。

吉岡里帆さんは上半身が細くてくびれていますが、下半身はがっしりしています。そして、足首が太いため、脚が太く見えてしまうようです。

また、吉岡里帆さんは外反母趾では?と言われている時期もありました。

外反母趾とは、親指が小指側に変形してしまい、「くの字型」になっている状態です。

自分のサイズに合わない靴を履いていると起こりやすく、女性の場合はハイヒールを履き続けて外反母趾になるパターンが多いのです。

外反母趾になると歩くときに親指側に変に体重が乗ってしまい、太ももに余計な力がかかってしまいます。

そのため、太ももが太くなりやすく、吉岡里帆さんもそのパターンに当てはまります。

女優という職業ですから、ドレスにヒールだったりと、慣れない靴を履くことも多いでしょう。

スタイルについては色々言われていますが、吉岡里帆さんの見た目が可愛いことに変わりはありませんね!

吉岡里帆に激太り疑惑?噂の真相を徹底調査!画像

吉岡里帆さんは公式プロフィールによると、身長158㎝で体重は非公開ですが、予想では45kg前後となっています。

また、スリーサイズはB82cm、W60cm、H85cmということで、かなり理想的な体型をしていますね。

158㎝の美容体重としては、50kgとなっているので、平均よりとても細身なのが分かりますね。

そんな吉岡里帆さんですが、「ここ最近太った?」と言われているのです。

2017年~2018年ころの吉岡里帆さんを見てみると、かなり細く見えます。あごもとてもシャープになっており、グラビア時代と比較してもとても痩せた印象です。

太ったといわれるようになったのは、だいたい2019年ころです。

たしかに顔が少し丸くなったようには見えますが、激太りというほどではないでしょう。

かなり痩せていたので、むしろ多少ふっくらしたほうが魅力的な気がします。

吉岡里帆さんが太ったといわれる原因は、出演するドラマがたびたび低視聴率だったことが関係しているといわれています。

『時効警察』でヒロインを務めたときも、2話目の視聴率が6.1%。

前回、2012年シリーズの平均視聴率が10%超えだっため、比較されてしまいました。

続く『きみが心に棲みついた』で連ドラ初主演を果たすものの、全話平均視聴率は7.7%止まりでした。

そして、2018年に放送された『健康で文化的な最低限度の生活』でも主演を務めましたが、全話平均視聴率5.8%まで落ち込んでしまいます。

この低視聴率続きの現状に、吉岡里帆さんがショックを受けて、太ってしまったのでは?と言われるようになりました。

吉岡里帆さんはもともと太りやすいと自負しているので、主演ドラマが続いて多忙な日々を送り、不規則な生活になってしまったことも原因かもしれません。

吉岡里帆のダイエット方法を確認!太りやすい体質との噂も?

吉岡里帆さんは太りやすい体質であることを自覚しているため、体型維持には人一倍気を付けているそうです。

ドラマ主演が決まると、撮影前から役作りのため、超節制生活を始めるそうです。

休日には体調管理のため「血液検査」を受けて健康を確認、また太りやすい体質のため食事は「多くて腹五分め、普通は腹三分め」しかとらないようにしているという。
ZWEZZYより引用

腹三分目しか食べないなんて、相当な我慢が必要ですよね・・!相当ストイックな食生活を送っているのでしょう。

また、自身の脚にもコンプレックスがあるそうで、「ミニスカートをはきたい」「スカートが似合う足にしたい」という思いから、常にダイエットに励んでいるとか。

寝る前に15分~30分ほど足痩せを中心とした筋トレやストレッチをしたり、5種類の骨盤矯正ストレッチをこなしているそうです。

本当は毎日1時間はやりたいと思っているのですが、女優業も忙しいためなかなか難しいみたいですね。

「高校に入ったあたりから太りはじめて、スカートがはけなくなったり、太ももにセルライトを発見したり……。しばらく放置していたのですが、本格的に女優を目指すにあたって、朝はフルーツに温かいミルク。昼夜は温かい野菜スープを中心の食事にチェンジ。筋トレなども行いつつ、常に身体が温かい状態を保ったところ、1年で約6kg落とすことができました」
美的より引用

なんと高校のときから体型を気にして、女優になるにあたり本格的なダイエットをしていたのですね。

吉岡里帆さんいわく、「常に先の仕事を意識する」ことが、体型維持の秘訣だそうです。

テレビにうつる仕事なので、視聴者からみて自分がどのように映るか、はかなり重要なポイントですね。

撮影の数日前から朝夜のプロテインに置き換えダイエットをして、一駅分走って一人カラオケをしたり、ジョギングしながら帰ってくるそうです。

「女の子は1kg痩せるだけで、魔法にかかったようにキレイになる。仕事でご一緒した女優さんにも、美の秘訣をつい聞いてしまいます。吉田羊さんに伺った、靴下を4枚ばきしてとにかく身体を冷やさない『冷え取り』も実行中。温めることで代謝を上げています。今日少し努力すれば、明日の可愛いが手に入る。自信がもてるようになれば、毎日がハッピーになると思いますよ!」
美的より引用

自身のコンプレックスとしっかり向き合い、日々努力し続ける吉岡里帆さんの姿は、本当に尊敬しますね!

まとめ

今回は、吉岡里帆さんが脚が太いという噂について紹介しました。

グラビア時代の写真から、全体的にむちっとしていて脚が太いと言われていたようですね。

今ではすっかり細くなりましたが、もともと太りやすい体質のため、時期によっては太ったといわれてしまうようですね。

女優という仕事のために努力し続ける吉岡里帆さん。今後も応援していきたいですね!

最後まで御覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク