林遣都

林遣都の学歴を確認!出身校は比叡山高校で偏差値は69?中学や大学も調査!

俳優の林遣都さんは知的な雰囲気や落ち着いた大人なイメージのある方ですよね。

様々な役を演じられており、ファンは増えていく一方です。

そんな大人気俳優の林遣都さんの学歴が気になります!

噂ではかなり偏差値の高い比叡山高等学校に進学されたんだとか!

今回は気になる林遣都さんの学歴について徹底調査していきます。

是非、最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

林遣都の学歴を確認!出身中学はどこ?

林遣都さんの通われていた中学校について調査していきます。

林遣都さんの通われていた中学校は大津市打出中学校だと思われます。

林遣都さんが大津市立打出中学校出身である事は、人気番組『Aスタジオ』で笑福亭鶴瓶さんが林遣都さんの母校ということで訪問されていました。

この事から、林遣都さんの中学校は打出中学校で間違いない事が分かります。

『Aスタジオ』では中学試合の林遣都さんについてもお話しされていました。

中学時代の同級生によると、林遣都さんはかなり勉強ができていた様で、英語は学年で1位になった事もあるんだとか!

当時の林遣都さんがこちらです。

可愛すぎますね!

こんなイケメンな男の子が中学校にいるとなると確実にモテモテだったのではないでしょうか。

この容姿で勉強もできるのですから素敵ですよね!

林遣都さんは中学3年生の時に修学旅行で渋谷に行った際、渋谷駅のホームでスカウトされて、芸能界入りされています。

これだけ顔が整っているとスカウトされるのも納得できますよね。

しかし、中学時代は林遣都さんが俳優である事があまり浸透していなかった様でごく普通の学校生活を送られていたそうです。

いや、中3の時はまだそんなに浸透してなかったっていうか、普通でいられたんですけど。

引用 exciteニュース

また、部活は野球部に所属されていた様です。

小学生の時から行われている野球は現在も大好きで親友である俳優の池松壮亮さんとはプライベートで草野球を行われているとお話しされていました。

林遣都さんは、中学生時代に進学塾『学生塾能開センター』に通われていたそうです。

それも関係して同じ企業が運営する大学受験速習講座『マイ速』のイメージキャラクターを務められました。

林遣都さんの中学時代は、様々な経験をされている事が分かりますね。

林遣都の出身校は比叡山高校で偏差値は69?真相を徹底調査!

林遣都さんは2006年に比叡山高等学校に入学されました。

比叡山高等学校は私立の共学校で偏差値は48〜68です。

比叡山高校は、進学校としてもかなり有名で、多くの生徒が国立大学や関西の一流市立大学に進学すると言われています。

林遣都さんの高校時代の写真がこちらです。

当時はすでに芸能界で活躍されていたので、高校内でも有名だったのではないでしょうか。

高校時代に林遣都さんは一気に大人っぽくなられていますね!

林遣都さんが比叡山高等学校であるということはテレビ番組『ジャパーン47ch』で本人がお話しされているので間違いありません。

比叡山高等学校は学科が3つあり、1番偏差値の高いコースが偏差値68なんだそうです。

林遣都さんは学科までは公開されていませんでした。

もし、偏差値68だったら凄すぎますよね!

高校時代にはモテたいという気持ちも芽生えたそうでずっと続けていた野球部もやめ、バンドをされている時期もあったそうなんです。

事務所に入って、高1で初めてTVに出たり、雑誌に出たりっていうのが始まって。中学で野球部卒業して、ちょっとバンドを始めちゃったり…モテようとかって思ってる時期はありました。

引用 exciteニュース

林遣都さんが初めての俳優デビューとなった作品『バッテリー』は高校1年生の時なんです!

高校時代には仕事と学校の両立に悩んだ時期が続いたそうです。

滋賀県では俳優業をされている人はほとんどいなく、林遣都さんはかなり珍しがられていた様です。

高校生活を送る中でも特別視される事への孤独感や毎日の滋賀県と東京の往復にはストレスを感じていたとお話しされていました。

高校入学当時は中学時代のバンド仲間と軽音楽部に入部してギターを担当されていたそうなんですが、こちらも仕事の関係で忙しくなり退部してしまったそうです。

林遣都さんにとって学校生活と芸能界の仕事の両立はかなりハードだったのでしょうね。

林遣都の最終学歴を確認!大学には進学した?

林遣都さんが大学に進学したのか調査してみると、大学には行っていない事が分かりました。

林遣都さんはテレビ番組『Aスタジオ』に出演された際、大学に進学するべきなのか滝田洋二郎監督に相談された事があるそうです。

滝田洋二郎さんは林遣都さんに「大学に行っても行かなくても良いが役者の道に進むのであれば勉強することだけ忘れるな」とお話しされたそうです。

林遣都さんはこの言葉を受けて芸能界の道のみで生きていくと決心されたんだそうです。

滝田洋二郎監督林遣都さんが俳優デビュー作品となった『バッテリー』の監督でもあり、かなり思い出深い存在なのではないでしょうか。

「僕を見つけてくれた方。今、悩むところもいろいろあるけど、最終的に行きつくところでもあるんです。滝田さんに見つけてもらったから、いくらでもできるんだと思っています」と滝田への感謝を語り、滝田の思いに応える覚悟を見せる。

引用 クランクイン!

林遣都さんが滝田洋二郎監督に対する気持ちはかなり大きいものだと感じます。

大学進学で悩んだ時にも、滝田洋二郎監督だったからこそ相談できたのでしょうね。

そんな芸能界の仕事に専念すると決められた林遣都さんはテレビで大活躍されています。

大学1年生だった年の2009年(当時19歳)には映画『風が強く吹いている』で主演を務められています。

こうして見てみると、林遣都さんは全く老ける事もなく顔が変わりませんね!

そして2010年(当時20歳)には映画『パレード』に出演されました。

金髪の林遣都さんもイケメンです。

20歳とは思えないほど落ち着いた雰囲気を感じます。

2011年(当時21歳)にはドラマ『コヨーテ、海へ』で主演を務められました。

林遣都さんの演技が大絶賛された作品でもありますよね。

2012年(当時22歳)には映画『戦国BASARA』で主演に抜擢されています。

ご紹介した作品はほんの一握りです。

この作品以外にもかなり多くのドラマや映画に出演されていた林遣都さん。

もし、大学に行っていたら多忙すぎてあまり俳優業に専念する事ができなかったかもしれません。

俳優業だけに絞って努力をされる選択をされたからこそ、今の林遣都さんの活躍があるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は林遣都さんの学歴について徹底調査していきました。

中学生で進学されていながらも、有名高校に進学されている林遣都さんは本当にすごいですよね。

俳優としてもかなり人気が出ていますし、今後も作品を見るのが楽しみです。

今後も林遣都さんの活躍を応援していきます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク