高橋文哉

高橋文哉の昔が可愛い過ぎ!天てれで子役も?幼少期と顔変わったと話題!画像

高橋文哉さんといえば、『仮面ライダーゼロワン』の主人公で注目を集めましたね。

その後、『先生を消す方程式。』で狂気じみた生徒を熱演し、ますます今後が期待される俳優さんです。

そんな高橋文哉さんですが、昔の姿が可愛すぎる!と話題になっているのです。

今回は、高橋文哉さんの昔が可愛すぎるという噂について、調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

 


高橋文哉の昔が可愛い過ぎ!幼少期の画像を集めてみた!

高橋文哉さんは「仮面ライダー」シリーズの記念すべき令和1作目「仮面ライダーゼロワン」で主人公・飛電或人を演じています。

それからというもの、若手イケメン俳優ということで注目が集まり、その演技力も話題になっているのです。

そんな高橋文哉さんは、自身のツイッターで10年前の貴重な写真を公開したことがありました。

その姿が「可愛すぎる!」と反響を呼んだのです。画像をみてみると、そのあどけなさがなんともいえない可愛さですよね。

現在19歳となった高橋文哉さん。昔の画像と比較すると、整った顔立ちは変わらないものの、すっかり大人の男性に変貌をとげています。

やはりイケメンは、小さいときからイケメンなんですね。この投稿は、わずか1日で2万「いいね!」が付けられました。

幼少期の写真をふりかえり、高橋文哉さん自身も「すごく懐かしかった」と楽しんでいる様子でした。

高橋文哉さんは幼少期からずっと負けず嫌いな性格だったようで、今でもその性格は変わっていないようです。

小学生のときはかけっこで転んで負けたこと、中学生のときはバレーボールの試合で負けたこと・・・そういう悔しい思いは決して忘れないといいます。

高橋文哉さんにはお兄さんが2人いるのですが、兄を尊敬しつつもライバルのように思っていたそうです。

バレーボールを始めたのも兄の影響だったそうで、常に兄に勝とうと必死だったそうです。

長男・直希さんは現在消防士で、次男・良太さんは大工として活躍しています。お兄さん2人ともとってもイケメンで、イケメン3兄弟ですね!

兄については今でも目標だと思っていますし、『まだ超えられない』とも感じるそうです。

俳優としてもっと実績を残し、『抜かしたぞ!』と胸をはって言うのが夢だと言います。

「ライバルというものが自分の中にはあまりなかったのですが、兄を超えたいと思わされました。業種も違いますし、進んだ道も違いますが憧れの存在です。2人とも自分がやっていることへのモチベーションがすごく高く、小さい頃から常に何かを志していて、今の状況に満足してはいけないというのは兄2人から教わっています」
CINEMA NEWSより引用

この負けず嫌いな性格は俳優として活動する上でかなりプラスになっているそうで、評価されても現状に満足せず、常に上を目指しているそうです。

「勝ち負けがつくお仕事ではないので、自分の中でどう捉えるかということになりますが、基本的には負けたなと思っています。現場でも、放送を見ても、そう思うことがよくあります。このシーン僕が一番しゃべっているのに、この1つの表情で全部持っていかれたなとか。勝ったなと思うことはほぼないです」
CINEMA NEWSより引用

偉大なる2つの兄から刺激をうけて、現在の俳優・高橋文哉がいるのですね。

スポンサーリンク

 


高橋文哉が天てれで子役をしていた?事実を確認!

高橋文哉さんは2017年6月開催の「男子高生ミスターコン2017」に参加し、応募総数1万人の中から見事グランプリに選ばれています。

その後モデルデビューし、ファッション雑誌に頻繁に登場するようになります。

高橋文哉さんはその後芸能事務所『A-Plus』に所属し、雑誌『Popteen』のモデルとして活動していました!

その後は俳優としても活動を始め、ドラマや舞台と着々と活動の場を広げてきました。

そして、2018年7月から放送されていたAbemaTVの人気恋愛リアリティーショー『太陽とオオカミくんには騙されない』に出演します。

この出演がきっかけで、一気に知名度を高めることになりました。

そして、2019年9月放送スタートの『仮面ライダーゼロワン』の主演・飛電或人(ひでんあると)役に選ばれ、人気俳優の登竜門としてしられる同シリーズに仲間入りをしたのです。

このシリーズの主演俳優として初の「21世紀生まれ」、かつ「令和初のライダー」ということで、かなり注目を集めました。

ちなみに高橋文哉さんは幼いころ、『仮面ライダージオウ』を観ながら育ったそうですよ!

前述したように2人お兄さんがいる末っ子なのですが、19歳とは思えないくらいに大人っぽいですよね。

そんな高橋文哉さんですが、『天てれ』こと「天才てれびくん」に出演していた過去があるようなんです。

しかしこれは人違いで、おなじ名前の読みで漢字が違う「高橋郁哉」さんのことでした。

いまだに「高橋文哉」と検索すると、「天てれ」と出てきてしまうので、混乱した人も多いでしょう。

高橋文哉が幼少期と顔変わったと話題!時系列で確認してみた!

高橋文哉さんはとにかく注目のイケメン俳優なのですが、「昔と顔が変わった」と言われているようなんです。

しかし、幼少期から整った顔立ちをしていますし、高校生のころも今と大きな差はないように思います。

髪型が違うので、ちょっと雰囲気は変わっていますが・・・

ただ、高橋文哉さんは1st写真集を出版した際に、自分の「顔が違う」と発言していたようなんですね。

この写真集の撮影は2月と7月にしたらしく、この数か月の間で顔が全然違う、と本人が語っていました。

見る側からすると分からないレベルでしょうが、本人的には顔の変化があったのかもしれませんね。

いずれにせよ子供のころから比べると、大きな差はないですよね。

また、高橋文哉さんはほくろをコンプレックスに思っているという噂がありました。

たしかに眉間に大仏さまのようなほくろがあり、普段は前髪でおでこを隠しています。前髪であえてほくろを隠しているのでは?という噂が浮上しました。

ほくろがあってもなくても、高橋文哉さんがイケメンなことに変わりありません!

ちなみに高橋文哉さんは埼玉県春日部市出身だそうで、両親は中学生のころに離婚しており、高橋文哉さんの母が女手ひとつで育ててきました。

仕事と家事と、かなり苦労したそうですが、昔から弱音も吐かずに立派に育ててくれたようです。

以前、番組に出演した際は涙を流し、母への感謝の気持ちを手紙で伝えていました。

母子家庭という環境もあってか、高橋文哉さんはとても料理上手なんです。

母親の誕生日には手作りハンバーグをプレゼントしたそうで、実は調理師専門コースのある高校に通っていたそうです。

なんと「調理師免許」も持っているそうで、かなり本格的な料理を作れるんですね。仕事を頑張っている母のために、いつもおいしい料理をふるまっていたそうですよ。

まとめ

今回は、高橋文哉さんの昔が可愛すぎるという噂について、紹介しました。

若手イケメン俳優である高橋文哉さんですから、さすが幼少期もかなり整った顔立ちをしていましたね!

可愛い少年から大人の男性に成長し、今後もどんどんイケメンになっていく予感です。

これからも俳優として、ますます活躍していってほしいですね!最後まで御覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク