安達祐実

安達祐実は演技うまい!子役だった家なき子時代の年齢は?下手で棒読みの噂も!

0歳の頃に雑誌でモデルデビューし子役としてドラマやCMなどで引っ張りだこでした。ドラマ「家なき子」や「ガラスの仮面」など数多くの作品に出演し活躍を続けている女優の安達祐実さん。

子役時代から演技力を高く評価されていて数多くのドラマや映画に出演し続けています。

今回はそんな安達祐実さんの演技について調査しました。

演技は上手いのか?下手で棒読みとの噂もあるようなので確認していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 

安達祐実は演技うまい?世間の声や評判は?

安達祐実さんは1981年9月14日生まれで東京都台東区の出身です。

40代とは思えないほど若々しく昔とあまり変わっておらずとても美しいですよね。

天才子役として活躍した安達祐実さんですが演技力についてはどのように評価されているのでしょうか?

さっそく世間の声を確認してみましょう。

安達祐実さんの演技力について世間の声でも絶賛の嵐でした。

現在では濡れ場や癖のある役などにも挑戦し、子役時代の清純派女優のイメージも脱却していてすっかり演技派女優となられました。

1997年に主演したドラマ「ガラスの仮面」での演技でも圧倒されてしまします。

もらい泣きにしてしまいそうになるくらい引き込まれてしまいました。安達祐実さんの演技力はやはりすごいということがわかりますね。

2014年の映画「花宵道中」では3回も濡れ場に挑戦するほど体当たりで挑んでいました。

染物職人と恋に落ちる遊女の「朝霧」という役で、こちらでも渾身の演技を披露していました。

安達祐実さんは演技がとても上手いということで間違いなさそうです。

安達祐実は実は棒読みで大根?世間の声と評判を調査!

安達祐実さんの演技が下手という世間の声はほとんど見つかりませんでしたが、実は棒読みで大根!という噂を耳にしました。

真相は2022年に放送されたNHKの朝の連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」の演技が下手で棒読みだったということでした。しかもこれは役柄で演技が下手役者を演じていたからでした。

この役について安達祐実さんもこのように語っていました。

すみれの棒読み演技が話題に。安達は「あまりお芝居が上手ではないという女優の役どころなので、かえって難しいですね。台本に『棒読みで』とあるのですが、どの程度の下手さで演じればいいのか、どこまでやればいいのか悩んでいます(笑)」と苦戦したことを明かした。

引用:Lmaga.jp より

棒読みの演技も完璧にこなしてしまう安達祐実さん。さすがです。

安達祐実の子役時代からの経歴をまとめてみた!家なき子時代の年齢は?

0歳の頃に雑誌でモデルとしてデビューし2歳から子役モデルとして芸能活動を開始しました。

 

1991年10歳の頃に出演した「ハウス食品のカリー工房」のCMでの「具が大きい」のフレーズが流行語にもなりました。

当時からとても可愛い姿が印象的ですね。

1993年

には映画「REX恐竜物語」で主演に抜擢されました。

 

そして1994年のドラマ「家なき子」では主人公を演じ、当時12歳とは思えないほどの演技力で一躍脚光を浴び瞬間最高視聴率は37.2%を記録し「同情するなら金をくれ」というセリフは社会現象にもなりました。

 

1997年のドラマ「ガラスの仮面」でも主演を務めました。

最近では主演作こそ少なくなっていますが、話題の連続ドラマや映画に出演を続けています。

私生活では2005年9月24歳の頃にお笑い芸人・スピードワゴンの井戸田潤さんと出来ちゃった結婚し長女を出産しましたが2009年に離婚。

その後2014年にカメラマンの桑島智輝さんと再婚し2016年に長男が誕生しています。

母親になっても透明感は健在です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は安達祐実さんは演技うまい!子役だった家なき子時代の年齢は?下手で棒読みの噂も!について調査しました。

安達祐実さんは子役時代から演技が上手いことで知られていてその演技力は現在でも絶賛されていました。

家なき子時代から見た目はあまり変わらず透明感で溢れていますが、今では演技派女優として大活躍されています。

今後も安達祐実さんの活躍を応援していきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク