川口春奈

川口春奈の演技力の評判を確認!演技下手との噂も?経歴まとめ!

2021年春ドラマ「着飾る恋には理由があって」でも主演をつとめている川口春奈さん。

そんな川口春奈さんですが、2009年の女優デビュー当時から、演技が下手だと言われているようなんです。

今回は、川口春奈さんの演技力について調査しました!ぜひ最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

 


川口春奈の演技力の評価は?世間の声や評判を徹底調査!

川口春奈さんは2009年、14歳のときから女優として、毎年ドラマや映画などたくさんの作品に出演しています。

若手女優の中でもかなり売れっ子な川口春奈さんですが、女優として肝心な演技力が下手すぎる、と言われてしまっています。

ドラマ「東京DOGS」でデビューして以後、かなりの作品に出演しているので、人気があるのは間違いないんですよね。

しかし、どうしても人気と演技力が追い付いていない、という意見が多いのです。

最近では、2020年1月からスタートした大河ドラマ『麒麟がくる』に、沢尻エリカさんの代役として急きょ出演が決定しましたよね。

2019年11月16日に沢尻エリカさんが、合成麻薬MDMA所持容疑で逮捕され、注目されていたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、代役として選ばれ、プレッシャーもあったでしょう。

「麒麟がくる」は、放送開始直後から川口春奈さんの演技に注目が集まっていましたが、やはりNHK大河ドラマということで、演技力については厳しい声があがっていました。

川口春奈さんが可愛いのは間違いないのですが、「ドラマの中で浮いてる」という声もしばしば・・・

また、演技力には定評がある沢尻エリカさんの代役ということもあって、「川口春奈ではなく沢尻エリカで見たかった」という意見もありました。

そのため、川口春奈さんの演技が下手というよりは、周りの俳優陣がベテランでたしかな演技力もある人たちだった、というほうが正しいかもしれません。

しかし、川口春奈さんも女優歴10年以上のベテランですから、主演や重要人物に抜擢されるほどの演技力はあるのだと思います。

ネット上では、さすがに厳しい意見が多かったですね・・・大河ドラマという重圧をうけての抜擢ですから、仕方ない気もします。

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』側は、「確かな演技力があり、戦国武将の娘として強さと気高さを演じられると考えた」と、川口春奈さんの起用理由を説明しています。

そのため、制作側から見ると、川口春奈さんの演技は確かなものという事ですね。

川口春奈さんの演技力については、デビュー当時から賛否両論あるようで、過去に「大コケ」した作品もいくつかあります。

「麒麟がくる」に関しては、もともと33歳の沢尻エリカさんをイメージして作られていた脚本なだけに、24歳の川口春奈さんが演じることにも違和感があったと思います。

また、出演依頼を受けてわずか1週間でセリフを覚えたそうなので、川口春奈さんの並大抵ではない努力の表れが見えますね。

そうした事情を踏まえると、「麒麟がくる」での川口春奈さんは立派に演じ切ったと思います。

実際、回を追うごとに川口春奈さんへの酷評も無くなっていきました

https://twitter.com/YuukiIyuuk13/status/1221400120408727552?s=20

川口春奈さんが出演したドラマに関しては、2019年放送のドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』も酷評の嵐でした。

これに関しては、設定されたキャラがあまりあっていなかったのかな?という印象です。

「いちいちうるさい」「ガミガミ短気」という意見が目立っていたので、新人らしく謙虚な設定にしていれば、ここまで言われることもなかったと思います。

主演の坂口健太郎さんを引き立てる役ではありましたが、ずーっとキレているような役で、印象が良くなかったですね。

【画像】川口春奈は清原伽耶に似てる?仲間由紀恵や西野七瀬にもそっくり?映画やドラマ、CMと引っ張りだこの若手女優・川口春奈さん。 最近ではYoutubeチャンネルを開設し、女優Youtuberの先駆け的存...
川口春奈の歴代彼氏は5人!熱愛彼氏は矢野裕介で電撃結婚や妊娠の噂?破局説も浮上!2020年NHKの大河ドラマ『麒麟が来る』で急遽の代役ながら見事に帰蝶役を演じきり、好演した川口春奈さん。 2021年の4月スタートのド...

【動画】川口春奈は演技下手?理由や評判も調査!

「麒麟がくる」で川口春奈さんが演じたのは、帰蝶(濃姫)という役で、主人公・光秀と姻戚関係かつ幼なじみです。

つまり、物語の中でとても重要な位置にある役なのですが、その大役をまかされるには、少々荷が重かったのでは?という指摘もされていました。

もともと演技力がない女優とされていましたが、初大河で準備期間もない中、初回の撮影にばっちり間にあわせてきただけでもすごいことだと思います。

川口春奈さんはそれまで学生役のイメージが強く、『金田一少年の事件簿』『一週間フレンズ。』などは比較的評価が高いです。

しかし、『イノセンス 冤罪弁護士』ではいきなり社会人、さらに法律事務所勤務というイメージと違いすぎる職業ですね。

固くて真面目な役は川口春奈さんに合っていないため、演技が下手だと言われてしまったのかもしれません。

また、2013年に放送されたドラマ『夫のカノジョ』では主演をつとめましたが、「21世紀の民放プライムタイム連ドラ史上最低視聴率」という記録を叩きだしてしまったのです。

『夫のカノジョ』は、よくある入れ替わりパターンのドラマで、川口春奈さん演じる20歳の派遣社員が、鈴木砂羽さん演じる39歳の主婦と入れ替わってしまうというもの。

視聴率はかなり深刻だったものの、安定した面白さがあり、実際にファンも多くいたドラマだったのです。

こればっかりは、川口春奈さんの責任ではないですし、このときの演技に批判が集まることもありませんでした。

また、2017年2月公開の映画『一週間フレンズ。』は、川口春奈さんの評価が高かった作品でもあります。

漫画を実写映画化した本作品で川口春奈さんは、一週間で記憶を失くす病におかされたヒロイン・藤宮香織を演じていました。

山﨑賢人さん演じる祐樹との可愛く切ない恋模様が丁寧に描かれ、ネット上でも「感動した」という声があがっていました。

「一週間フレンズ」は川口春奈さんの出演した作品でも高評価を獲得しており、演技が下手だという意見はほぼありませんでした

川口春奈さんは、過去に出演したドラマや映画は35作品以上にのぼり、若手の中でもかなりキャリアがあるほうなんです。

演技力が確かとは言えないかもしれませんが、これだけたくさんの作品に出演しているので、起用する側も演技に期待していると思います。

また、最近スタートしたばかりのドラマ「着飾る恋には理由があって」は、とても演技の評価が高いのです!

川口春奈さんが役にぴったりということで、その自然な演技力に称賛の声があがっていました。

川口春奈さんの演技は下手だというよりは、演技力が特別低いわけではないですが、役によって左右されてしまうということだと思います。

また、レベルの高い俳優陣に囲まれると、少々浅い演技に見えてしまうのかもしれません。

実際、2019年3月29日にRankBankが発表した「演技力ランキング2018!演技が上手い女優TOP35!」という記事で、川口春奈さんは7位にランクインしていました。

川口春奈さんにしっくりとくる役が与えられれば、しっかりと演じ切ることができるのだと思います。

川口春奈の経歴まとめ!

長崎県の五島列島出身の川口春奈さんは、幼いころから地元で評判の美少女でした。

2007年にファッション雑誌『ニコラ』のオーディションに出場し、見事グランプリを獲得し、芸能界入りを果たします。

その後、2009年に出演した『三井のリハウス』『ポカリスエット』のCMで注目を集め、上京してから本格的に女優としての活動をスタートします。

14歳のときに「東京DOGS」で女優デビューを果たし、2011年放送の「桜蘭高校ホスト部」で連続ドラマ初主演となります。

2013年放送のドラマ『夫のカノジョ』で、ゴールデン枠連続ドラマの初主演を飾り、以降は多数のドラマ・映画に出演します。

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、沢尻エリカさんの代役をつとめ、時代劇初挑戦かつ大河ドラマ初出演となりました。

2020年1月31日には公式YouTubeチャンネル『はーちゃんねる』を開き、わずか1か月でチャンネル登録者数70万人を達成しています。

まとめ

今回は、川口春奈さん演技力について紹介しました。

デビュー当時から演技力に賛否両論あった川口春奈さんですが、出演数の多さからも、決して演技が下手とは言い切れませんね。

川口春奈さんのイメージに合わない役だったりすると、浮いてしまって演技が下手だと思われてしまうようです。

最近スタートしたドラマ「着飾る恋には理由があって」では高評価を獲得していますので、これからの放送も楽しみですね!

最後まで御覧いただきありがとうございました。

【画像】川口春奈は清原伽耶に似てる?仲間由紀恵や西野七瀬にもそっくり?映画やドラマ、CMと引っ張りだこの若手女優・川口春奈さん。 最近ではYoutubeチャンネルを開設し、女優Youtuberの先駆け的存...
川口春奈の歴代彼氏は5人!熱愛彼氏は矢野裕介で電撃結婚や妊娠の噂?破局説も浮上!2020年NHKの大河ドラマ『麒麟が来る』で急遽の代役ながら見事に帰蝶役を演じきり、好演した川口春奈さん。 2021年の4月スタートのド...

 

スポンサーリンク