藤原基央

【動画】藤原基央の歌い方変わった?歌上手いし歌詞センスが天才との声も!歌唱力の評判も確認!

藤原基央さんはBIMP OF CHICKENのメンバーでヴォーカル兼ギターを務めています。

そんな藤原基央さんの歌い方が変わったと噂されています。

そこで今回は藤原基央さんの歌い方が変わったという噂について調査してみたいと思います。

最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 


【動画】藤原基央は歌上手い!歌唱力の評判も確認

藤原基央さんは歌が上手いと評判です。

一方では歌が下手だという意見も。

動画で確認していきましょう。

・天体観測

BUMP OF CHICKENを一躍有名にしたのが2001年3月14日に発売された『天体観測』。

藤原基央さんの歌い方は上手いとは言えませんでしたがそんな粗削りで力強い歌声に惹かれる人が多くいました。

『天体観測』は累計58万枚以上のセールスで大ヒット作となりました。

MVの再生化数は驚愕の1億回再生。

さらにはこの曲から着想を得てドラマまで作られます。

当時は街を歩いていてもどこかで必ず『天体観測』が耳に入るほど人気でした。

・sailing day

2003年3月12日に5thシングル『ロストマン/sailing day』を発売。

sailing dayはアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌となりました。

ここでも藤原基央さんの魂の叫びを込めた歌い方が話題となります。

歌のうまさぬきにしても聴き入ってしまいますね。

・プラネタリウム

2005年7月21日に発売された10thシングル『プラネタリウム』では自己最高の初動売上を記録します。

高音が少しかすれる感じが藤原基央さんの歌い方の特徴ですね。

・ダイヤモンド

2000年 9月20日 に2枚目の シングルとして発売された『ダイヤモンド』。

あるライブでは演奏途中で言いたいことが出来たと演奏をやめて話し出す藤原基央さんが話題になりました。

熱く語る藤原基央さんですが、この『ダイヤモンド』を作った時は大きな声を出して歌ったとインタビューで明かしていました。

あっ、“ダイヤモンド”とかはもう壁叩かれましたからね(笑)、「うるさいよ」って、ドンドンドンッ(笑)。

excite.ニュース INTERVEW with BUMP OF CHICKEN より引用

曲作りにのめり込んで壁を叩かれるまで大きな声に気づかなかったのかもしれませんね。

・ゼロ

2011年10月19日にBUMP OF CHICKEN21枚目のシングルとして発売された『ゼロ』。

この曲はPlayStation Portable用ソフト『ファイナルファンタジー零式』の主題歌として作られました。

曲名のタイトルである『ゼロ』の由来について、ゲームのタイトルが『零式』になる前に『ファイナルファンタジー ゼロ』にする予定だったことからついたそうです。

また、ゲームタイトルの主題歌を手がけるにあたり心がけている点や意識している点について藤原基央さんは“僕ららしくあること”だと語っています。

僕らが今までやってきた音楽を聴いてオファーしてくださったわけですから、やっぱりこれを提示できなければダメだろうと思っています。僕たちの作品が好きで、あちらもその音楽を求めてくださっているという大前提がありますから。

【電撃PlayStation】BUMP OF CHICKEN ロングインタビュー――『FF零式』テーマソング『ゼロ』に込めた想い、そして『FF』シリーズの思い出 より引用

曲作りに対して真摯なことが出来上がった作品に表れているのだと思います。

求められていることを理解し、聴く側になって考えることができるのも曲が魅力的になる理由の一つなのでしょうね。

・ray

ray』は2014年3月12日に発売されたBUMP OF CHICKENのメジャー5作目(通算7作目)のオリジナルアルバム『RAY』の中の一曲。

アルバムのタイトルが『RAY』になる元となった曲です。

アルバムのタイトルが決まる前に『ray』が出来ていて、メンバーが「ray」という言葉がすごく気になりだしたことからアルバムは大文字の『RAY』に決まったそうです。

このアルバムの中にある『(please) forgive』という曲は最初からアルバム『RAY』に入る予定ではなかったことをインタビューで明かしています。

実は『(please) forgive』は2010年12月15日発売アルバム『COSMONAUT』を作っていた流れの中で書いた曲だったそうで、本当は『COSMONAUT』の中に収録する予定でした。

しかし1枚のCDの収録時間の容量をオーバーしてしまって削った曲が『(please) forgive』だったのだとか。

この曲を選んだ理由についてはこのように話していました。

(『COSMONAUT』は)わりと暗い曲が多かったから、暗いところから1曲外しておこうって感じだったのかな。暗いと言うと語弊があるか(笑)。

音楽ナタリー BUMP OF CHICKEN 4人の言葉&AR座談会で読み解く「RAY」の物語 より引用

バランスをみて『COSMONAUT』から『RAY』へ移動したようですね。

このように藤原基央さんは一部では歌が上手いと言われていますが、おおくはそのカリスマ性とパワフルな歌唱力が魅力だとの声があがっています。

歌のうまさはトレーニングである程度は上達できますがカリスマ性というのは生まれ持ってのものです。

藤原基央さんは人気者になるべくしてなったのでしょうね。

藤原基央の結婚相手は誰?一般人ではなく亀井絵里!子供の画像は?元カノは橋本奈々未や満島ひかり!4人組のロックバンドBUMP OF CHICKENのボーカル兼ギターとしてそのほとんどの曲の作詞・作曲を担当している藤原基央さん。 「天...
藤原基央の学歴まとめ!高校は71偏差値の佐倉?日出高校卒や中退の噂も! 人気ロックバンドBUNP OF CHICKENは、独特な世界観とボーカルの藤原基央さんの歌唱力にも定評があります。 ファンだけでなくミ...

【動画】藤原基央の歌い方が変わった?世間の声や評判も調査!

藤原基央さんは歌い方が変わったと言われています。

動画をみていきたいと思います。

・R.I.P.

R.I.P.』は2009年11月25日に両A面シングル『R.I.P./Merry Christmas』として発売されました。

以前の力強い感じから透明感のある繊細な雰囲気になりましたね。

魂がこもった力強さも魅力的でしたが透明感のある歌声は聴き入ってしまいます。

藤原基央さんは2018年10月11日から放送開始アニメ『からくりサーカス』のオープニングテーマ『月虹』を書き下ろしています。

それを聴いたファンからはこのような意見も。

藤原基央さんはじめメンバー全員が作者である藤田和日郎氏の作品の大ファンだそうです。

『からくりサーカス』がこの度アニメ化される事になり、オープニングテーマのオファーを頂いた時は、本当にびっくりしました。心から嬉しく、光栄に思いました。10代の頃の僕らに聞かせてあげたいです

と藤原基央さんはコメントを残すとともに大感激したことを伝えていました。

出来上がった曲はアップテンポで、藤原基央さんの声にも安定感があり気持ちよく聴くことができますね。

他にも声が変わったという噂もあります。

昔の曲と最近の曲を聴き比べていきたいと思います。

・2001年10月17日発売『ハルジオン』

・2021年11月5日『Small world』

20年ほど差があるこの2曲。

声も『Small world』になると透明感が出てクリアになった感じがあります。

歌い方も柔らかくなりましたね。

同じ曲を歌っている動画もあるので聴き比べてみましょう。

・『天体観測』2001年Ver.

・『天体観測』2012年ライブVer.

声に安定感とクリア感が増しています。

元から聴き入るような声質でしたが最近では聞き惚れてしまうくらいです。

このことから藤原基央さんは歌い方が変わったというよりかは声の出し方が変わった感じがします。

藤原基央さんの歌い方をさらに魅力的にしていることが分かりますね。

藤原基央は歌詞のセンスも天才!世間の声や評判も調査

藤原基央さんは歌詞のセンスもいいと言われています。

BUMP OF CHICKENの楽曲ほぼすべてを作詞作曲している藤原基央さん。

大セールスをヒットした『天体観測』はわずか19歳の頃作られたそうです。

https://twitter.com/hakusekimanato/status/1232096055367323648?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1232096055367323648%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fxn--p8jxdhd0kva0119ftqhsvq.com%2F2021%2F06%2F21%2Ffujiwara-motoo-tensai%2F

先述しましたがこの『天体観測』はドラマ化されるほどの影響力を持っています。

それほどストーリー性のある歌詞だということでしょう。

また、藤原基央さんの独特な感性にも注目が集まりました。

また藤原基央さんの作詞の特徴は聴く人の想像力を掻き立てるところにあります。

藤原基央さんはきれいなものをまっすぐ「きれい」とは言わず象徴的に表現します。

それが逆に聴く側の想像力を掻き立てて様々な表現を生み出していきます。

そのことで聴く側にとっては一番心に納まる表現になるのでしょう。

ただしその表現の仕方が説明的になってしまってはカッコ悪いですよね。

藤原基央さんが書く歌詞にはカッコ悪い説明が一つもありません。

全体的にふわっと抽象的に表現がされているものの聴く人には納まりのいい表現になるという、とても不思議な感覚に陥ります。

これは藤原基央さん以外誰にもできないことだと思います。

10代のころから楽曲制作を行っている藤原基央さん。

これは天才としか言いようがありませんね。

まとめ

今回は藤原基央さんの歌い方が変わったという噂について調査しました。

藤原基央さんは途中から歌い方が変わったことが分かりましたね。

益々聴き入ってしまいます。

藤原基央さんの歌詞のセンスも独特でBUMP OF CHICKENの魅力の一つとなっています。

これからも藤原基央さんを応援していきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

藤原基央の結婚相手は誰?一般人ではなく亀井絵里!子供の画像は?元カノは橋本奈々未や満島ひかり!4人組のロックバンドBUMP OF CHICKENのボーカル兼ギターとしてそのほとんどの曲の作詞・作曲を担当している藤原基央さん。 「天...
藤原基央の学歴まとめ!高校は71偏差値の佐倉?日出高校卒や中退の噂も! 人気ロックバンドBUNP OF CHICKENは、独特な世界観とボーカルの藤原基央さんの歌唱力にも定評があります。 ファンだけでなくミ...

 

スポンサーリンク