生田絵梨花

生田絵梨花は東京音楽大学卒業?実は大学中退!ぼっち説の理由が衝撃?

元乃木坂46のメンバーで現在は女優として活躍する生田絵梨花さん。

幼少期からピアノやクラッシックバレエを習いミュージカル「アニー」に憧れミュージカル女優を目指していました。

今回は生田絵梨花さんの大学関する噂について調査しました。

中退やぼっち説についても確認していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

 


生田絵梨花は東京音楽大学を卒業した?休学してるという噂は本当?

生田絵梨花さんは1997年1月22日生まれで2022年7月現在25歳です。

一般的には大学は4年生なので卒業している年齢になります。

生田絵梨花さんは東京音楽大学附属高校を卒業後内部進学で東京音楽大学に進学しています。

中学生の時に乃木坂46のメンバーとなりクループの活動が多忙な中ピアノコンクールなどにも出場しています。

高校2年生の時に映画「超能力研究部の3人」で女優デビューしました。

高校3年生の時にはドラマ「残念な夫。」で連続ドラマに初めてレギュラー出演をしています。

同じ年にはミュージカル舞台「虹のプレリュード」で本格的にミュージカルでの活動をスタートさせました。

芸能活動で多忙な中、高校3年生の6月から9月までの間、進学のために学業に専念するために芸能活動を休業しました。

生田絵梨花さんが進学した、東京音楽大学の音楽学部ピアノ科は偏差値は45と高くありませんが、実技がとても難しい事で知られています。

芸能界の中でも屈指のピアノの腕前を誇っている生田絵梨花さん。

ピアノ科に入学したのも納得です。

大学1年生の時にはミュージカル「リボンの騎士」で主演をしていました。

グループで活動する一方「ホイッスル・ダウン・ザ・ウインド」など数多くのミュージカルの舞台にも出演していました。

生田絵梨花さんは、2017年6月19日に放送された「ごごナマ」で”休学”していることを明かしています。

生田絵梨花は東京音楽大学を中退した?

2017年6月に大学を休学していることを明かした生田絵梨花さんですが、東京音楽大学は最長2年間しか休学が認められていません

このため、その限度を超えてしまっている現在大学を卒業したという情報はなく、中退したのではないかと思われます。

大学に進学した際には、「絶対に卒業する」と語っていました。

また入学当初は出席日数が厳しいことから、徹夜明けで登校することもあったそうです。

2021年11月に開催された「オンラインミート&グリート」で”中退した”と答えたと言われています。

「オンラインミート&グリート」は抽選で選ばれた限られたファンし参加できないため、実態にこのような発言があったかは不明ですが、現在も卒業したという報告がないので中退した可能性が高そうです。

生田絵梨花が東京音楽大学でぼっちと噂される理由とは?

生田絵梨花さんには「大学で孤立してぼっちだった」という噂がありました。

中退の理由も「ぼっちだったから」とも言われています。

果たして本当に、生田絵梨花さんは大学でぼっちだったのでしょうか?

元々群れて行動するするタイプではないと言われている生田絵梨花さん。

大学時代は休学するほど多忙だったこともあり、友達との生活を楽しむ余裕はなかったと思われます。ぼっちというよりは忙しくて講義を受ける時間もあまりなかったのかもしれないですね。

インタビューでもこのように語っていました。

記者:出席日数に厳しい音楽学校で、徹夜明けでも登校していた……との話もあって。
生田「そういうことはよくありました。仕事から帰って、1時間とか30分仮眠して、栄養ドリンクを飲んで学校に行く。友だちが私の好きなチョコを買ってきてくれたりして、それで元気をもらって何とか凌いでいました」

引用:Deviewより

「友達がチョコを買ってきてくれた」と話していることからもぼっちだった可能性は低そうです。

この状況から考えても大学に出席しても、講義を受けたらすぐに仕事へ行かなければならなかったでしょうから1人で行動する方が効率が良いと考えていたしても不思議ではないですよね。

そして大学時代に生田絵梨花さんがぼっちだったという目撃情報などもないので、ただの噂だった可能性が高そうです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は生田絵梨花さんは東京音楽大学卒業?実は大学中退!ぼっち説の理由が衝撃?について調査しました。

生田絵梨花さんは東京音楽大学を休学したのち、中退した可能性が高そうです。

また大学時代にぼっちだったという噂についてはお仕事が多忙だったので大学生活を楽しむ余裕がなかったためだったと考えられます。

現在はお仕事に専念している生田絵梨花さん。

今後も生田絵梨花さんの活躍を応援していきたいと思います。

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク