氷川きよし

氷川きよしのファン離れがやばい!人気低迷の理由は方向性転換のやりすぎ?デビュー当時からの歴史を確認!

「新生・氷川きよし」として活動中の氷川きよしさん。

デビュー当時は「きよし」というあだ名で呼ばれていましたが

現在は「kiina」(きーな)として愛称がつけられています。

由来は、きよしからとった「kii」「natural」を組み合わせたもの。

最近は驚くような姿をたくさん見せてくれている

氷川きよしさんですが、ファン離れがやばいと話題になっています。

理由は方向性転換のやりすぎなど話題になっていますが

実際はどうなのでしょうか。

デビュー当時も振り返りつつ、確認していきたいと思います。

ぜひ、最後まで見て行ってください。

スポンサーリンク

 


氷川きよしにファン離れの噂!ババア呼ばわりで昔からのファンがやめた?

氷川きよしさんのファンが離れていっていると噂になっています。

なぜ、ファンが離れてしまっているのか

調査していきたいと思います!

氷川きよしさんは2014年に、元マネージャーに対し

暴言や暴行をしていたことで、書類送検されています。

その際、元マネージャーが今まで氷川きよしさんから

受けてきたパワハラの内容を告白していますが

その中に、「ファンに対して「ババア」と呼んでいた」ことが

明らかになりました。

実は口が悪いという氷川はファンの女性のことを「ババア」と呼び、元マネジャーに「バカ!」「この障害者!」「中年太り!」などといった言葉を言い放ち、物を投げつけるのも日常茶飯事だったという。引用:exciteニュース

このことに関して、氷川きよしさんは否定をしていないので

「ババア」と呼んでいたのは、間違いないかと思います。

自分を応援してくれているファンに対して

「ババア」はひどいですよね…。

今の地位につけたのは、まぎれもなくファンのおかげなのに。

ファンが離れていく中、擁護する声もありました。

氷川の女性ファンは「あんなん読んだら気分悪うなるわ!!」、「ファンをババアって言うてる? あんな年寄りに優しい子が言うわけないやん」など氷川の擁護派が多かった 引用:リアルライブ

しかし、これはほんの一部のようです。

あんなにさわやかな少年がそんな事言うなんて

信じられない気持ちもわかります。

実際「ババア」と呼ばれていたことに対して

ネットではショックを隠せないようです。

「ジェンダーレス」で路線を変えたことに関しては

耐えられるといったファンもいたようですが

裏で「ババア」と呼ばれていたと知れば

性格の悪さも出てしまい

これ以上応援はできないファンもいるようでした。

氷川きよしさん自身も、40歳を超えているので

そろそろファンを「ババア」と呼ぶのは

辞めた方がいいかも知れませんね。

氷川きよしの人気低迷の理由はオネエ化?方向性転換のやりすぎでショックとの声も?

氷川きよしさんの人気が下がった理由は

オネエが原因だと言われているそうです。

方向性を変えすぎてショックだという声も多いそうなので

調査していきましょう。

氷川きよしさんは、2000年に演歌界にデビューを果たしたのち

ファンからは「演歌界のプリンス」という愛称で、親しまれています。

青少年というイメージで人気を得てきた氷川きよしさんに

変化があったのは、2018年頃です。

12月に「氷川きよしスペシャル・コンサート2018 きよしこの夜vol.18」

が開かれた際、衝撃的な衣装で姿を現した氷川きよしさん。

お化粧をして、黒のショートパンツを履いています。

今までとは、まったく違う氷川きよしさんの姿に

ネットでも話題になりました。

そこから、2019年には「ジェンダーレス」として

堂々とありのままの姿で活動を始めています。

呼び名も変更したり、服装も女性ものを着ていることも多くなりました。

2010年に俳優の松村雄基さんと交際が噂されていたため

以前からファンの間では「オネエなのではないか」と噂されていましたが

まさかの方向性転換にファンも同様を隠せないようです。

きちんとお金を出してコンサートに行くコアなファンは、応援グッズにもう『きよし』ではなく、『きーちゃん』や『kii』という字を盛り込んで本人を盛り立てています。『き・よ・し!』という声かけは、もう古いのです。ただ、そんなファンばかりではなく、年配の女性ファンで、『今の氷川クンは嫌い』と離れてしまうケースもあるようですが 引用:@niftyニュース

演歌界のさわやかプリンスであった

氷川きよしさんが好きというファンにとっては

方向性転換した氷川きよしさんを受け入れられないのかも知れません。

ファンでない人でも、あまりの変化に衝撃だったので

長年のファンからしたら、ショックでしょうね。

最近では、「ジェンダーレス」はよく見るようになってきましたが

ファンであるおばさま世代からは

まだ受け入れない方も多いようです。

氷川きよしのデビューきっかけは?デビュー当時からの現在までの変貌の歴史を調査!

氷川きよしさんのデビューのきっかけは

なんだったのでしょうか。

デビューから現在までの変貌についても調査していきたいと思います。

氷川きよしさんのデビューのきっかけは、高校3年生の時でした。

カラオケ大会で準優勝を取り、その時の審査員にスカウトされ

演歌界でのデビューを果たします。

最初は演歌歌手になる予定はなく、歌のレッスンの先生が

たまたま演歌の先生だったので、演歌を歌っていたそうです。

凄い偶然ですよね!

元々お父さんが歌の上手な方だったらしく

生まれ持った才能もあるのかも知れません。

デビューは曲は「箱根八里の半次郎」です。

この曲で、「第42回日本レコード大賞」「第33回日本有線大賞」

最優秀新人賞を受賞しています。

この頃は、かっこいい男性というイメージが強いですね!

そして、2017年には「みれん心」を発売。

この頃もまだ、演歌界のプリンスのイメージが残っており

さわやかなイメージも健在です。

しかし、2018年から徐々に変化していきます。

髪型も変わり、眉毛も描いているような印象があります。

衣装も一気に明るくなりましたね。

この頃から、氷川きよしさんはどこか女性らしさを感じさせるようになります。

そしてこちらが、現在2021年の氷川きよしさんです。

お化粧がばっちりで髪の毛も長くさらっとしていて

デビュー当時からは想像もつかない変貌ぶりですね。

最近では、女性ホルモンを入れていたり

衣装も派手になり、普段は女性のような姿に

びっくりした人も多いはず。

今の氷川きよしさんは自分をさらけ出して

解放感があるようにも見えるので、今後の変化にも注目したいところです。

まとめ

氷川きよしのファン離れがやばい!人気低迷の理由は方向性転換のやりすぎ?デビュー当時からの歴史を確認!について書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

氷川きよしさんは、ファンの事を「ババア」と呼んでいることが

明らかになり、ファン離れが加速したようです。

応援しているのに、そんな対応されていたとわかったら

ファンを辞めたくなる気持ちもわかります。

また、方向性転換のし過ぎに追いついていけず

ショックを受けるファンも多いことがわかりました。

氷川きよしさんのファンの年齢層は高めなので

ジェンダーレスを理解するのは、難しい方もいるようです。

デビュー当時は、演歌に進むつもりはなかったようですが

歌声と外見から、多くのおばさまを虜にした氷川きよしさん。

とてもさわやかで、青少年のイメージから一遍。

現在はジェンダーレスとして活動しています。

これからも氷川きよしさんの変化には注目していきたいですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク