平井大

平井大はハーフ?帰国子女?出身は沖縄との噂も!幼少期や子供の頃の画像も確認

シンガーソングライターで特に若い方からの支持を集めている平井大さん。

主にサーフミュージックが中心で、ウクレレ奏者であることも知られています。

1度聞いたら、忘れられないサウンドで

結婚式で聴いたことのある人も多いのではないでしょうか。

そんな平井大さんですが、外見からハーフではないか?という噂が広がっています。

また、帰国子女?出身は沖縄県?と

様々な噂があるので、今回は平井大さんの幼少期を確認しつつ

ハーフなのか?出身はどこなのか?について調査していきたいと思います。

ぜひ、最後まで見て行ってください。

スポンサーリンク

 


平井大はハーフ?帰国子女?噂の真相を徹底調査!

平井大さんの外見や英語の発音を聴いて、ハーフ?帰国子女?と言われていますが

実際はどうなのでしょうか。調査していきたいと思います。

こちらが平井大さんの写真ですが、外見だとハーフに見えてもおかしくありません。

ロン毛で肌も黒く、ハワイがよく似合います。

しかし、実際は日本人ということが判明しています。

お父さんは、豊島区で開業医として働いています。

お父さんの名前は「平井貴志さん」です。

顔も似ていますね!また、写真をよく見ると

後ろに平井大さんのポスターが貼ってあることもわかります。

お父さんの趣味はギターとサーフィンで、平井大さんはお父さんの影響もあり

自然とミュージシャンの道を進んで行ったそうです。

3歳の時に祖母がウクレレをプレゼントしてくれたことと、父の趣味がギターとサーフィンだったこと。歯磨きをしたり、お風呂に入ったりするのと同じ感覚で、楽器に触れることが生活の一部だったんです。将来は音楽に携わる仕事をするんだろうという思いが漠然とあったので「これをきっかけに仕事に就いた」という特別なものはなかったんです。引用:fromAしよ!!

特にミュージシャンになるという意識は、していなかったようですね。

お母さんの写真はありませんが、日本人で英語がとても上手だと言われています。

幼い頃から家族でよく、ハワイへ旅行に行っていたそうで

英語やハワイの環境に触れて、刺激を受けていたことがわかります。

そのため、平井大さんの英語はネイティブ並みに上手いんだそうです。

また帰国子女なのかについては、英語が上手なことと

ハワイの「ホノルルフェスティバル」というイベントの

イメージソングとして楽曲が起用されたため

帰国子女なのではないかという噂が出たようです。

しかし、帰国子女ではありませんでした。

名前も「平井大」という日本の名前ですよね!

「だい」と読むのは珍しいかも知れませんが、日本人だとわかります。

【画像】平井大の家族構成を確認!父親の職業は医者?平井堅と兄弟なの!?心地よいサーフミュージックをベースに、ウクレレとアコースティックギターが奏でるサウンドで注目を集めるシンガーソングライターの平井大さん。...
【画像】平井大の父親の職業は医者で実家は金持ち!自宅の場所はどこ?心地よいサーフミュージックをベースに、ウクレレとアコースティックギターが奏でるサウンドで注目を集めるシンガーソングライターの平井大さん。...

平井大の出身地を確認!沖縄との噂も?

平井大さんは、出身が沖縄県と言われる事も多いようです。

しかし出身地については、本人がハッキリ東京都出身だと告白しています。

お父さんが東京都の豊島区で開業医をしているため

出身は豊島区周辺であることが予想できます。

しかし、外見やサーフミュージックを演奏していることから

ハワイや沖縄出身と間違える人が多く

ネットでもびっくりする声が多かったです。

確かに曲調や外見をみると、どこか南国を漂わせる雰囲気があり

まさか東京だとは、思わないかも知れません。

平井大さんは完全にシティボーイだったのですね。

本人も周りに言われすぎて、わからなくなってしまう気持ちもわかります。

しかし、小学校も豊島区にある南池袋小学校を卒業している

と言われているので間違いないでしょう。

曲作りに関しても、意外な答えが返ってきました。

K-1選手の武尊さんとの対談で

「曲作りはハワイとかで行っているのかと思った」との質問に対し

全然ですよ! 都内のスタジオです(笑)。僕は出身が東京なので、東京にいるのが落ち着くんですよね。引用:avex portal

と答えています。

生まれ育った所はどこか安心感もあるので

幼少期から住んでいる東京が、意外と落ち着くのかも知れません。

平井大の幼少期や子供の頃の画像も確認!

平井大さんの幼少期や子供の頃の写真も見つつ

どんな子供だったのか、調査していきたいと思います。

平井大さんは、3歳の頃におばあちゃんがウクレレをくれたそうです。

なぜウクレレだったのかについては

「平井大さんはまだ手も小さかったため、ギターではなくウクレレにしたんだ」とか。

ウクレレを貰い、平井大さんは音楽にハマっていきます。

平井大さんがウクレレを弾いている横で

お父さんがギターを弾くこともあったそうです。

その後17歳までは、ウクレレプレイヤ―として活躍していた一面もあります。

また、小学校6年生の時には自身で作曲も行っていたそうです。

親に買ってもらった音楽編集ソフト「Logic」が始まりだったという。当時、エアロスミスやエミネムが日本で流行っており、それをお手本に作曲をしていた。とにかく作曲が楽しく、毎日1曲を目安に作っていたのだとか。また、ハワイに行くことが多かったため、英語が得意であり、そういった影響からか作詞のほとんどが英詩になったという。引用:ミーティア

ハワイからの影響を多く受けているようですね。

お父さんが開業医ということもあり

裕福な家庭で育っていたことがわかります。

幼少期からハワイによく旅行に行けるのも

なかなかないですよね。

幼い頃から洋楽に夢中で、初めて買ったCDは

マイケルジャクソンの「Bad」だそうです。

ちなみにダンスはできないんだとか。

幼少期から、お父さんの趣味のギターとサーフィン

お母さんの英語、家族旅行でよく行っていたハワイにと

たくさん刺激を受けながら、成長していった平井大さん。

また、2021年に発売された「hero」という曲のジャケット写真には

自身の幼少期の写真を使用しています。

目がパッチリしていて可愛いですね!

王冠も被っています。学芸会の写真でしょうか。

幼い頃から、ハーフのような顔立ちですね。

曲のイメージについては

力強いオントレンドかつエモーショナルなビートに乗せ、“信じることで未来が変えられる”と、今この困難な時代を生きる一人一人に勇気と希望を与えてくれる平井 大流メッセージソング。引用:Japanbillboard

となっているようです。

幼少期にたくさんの事を吸収しているからこそ

人々の心に響く曲を作ることができるんですね。

まとめ

平井大はハーフ?帰国子女?出身は沖縄との噂も!幼少期や子供の頃の画像も確認について書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

平井大さんは、両親が日本人だったので

ハーフでも帰国子女でもありませんでした。

出身は沖縄と噂されていましたが、東京都出身のシティボーイということがわかりました。

幼少期はにこにこした笑顔がとても可愛くて

ウクレレがよく似合いそうです。

ハワイにはよく行くという裕福な家庭で育ち

英語や洋楽の刺激を、いっぱい受けた平井大さん。

小学校6年生の頃から、作曲をしていたという才能もあります。

少し現実から離れたい時などに、平井大さんのサーフミュージックを聞けば

リラックスできるかも知れませんね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

【画像】平井大の家族構成を確認!父親の職業は医者?平井堅と兄弟なの!?心地よいサーフミュージックをベースに、ウクレレとアコースティックギターが奏でるサウンドで注目を集めるシンガーソングライターの平井大さん。...
【画像】平井大の父親の職業は医者で実家は金持ち!自宅の場所はどこ?心地よいサーフミュージックをベースに、ウクレレとアコースティックギターが奏でるサウンドで注目を集めるシンガーソングライターの平井大さん。...

 

スポンサーリンク