岡崎紗絵

岡崎紗絵の学歴は?出身高校は名古屋西高校!卒業後の進路は大学へ進学?

ファッション雑誌『Ray』の専属モデルであり、女優でもある岡崎紗絵さん

美しいビジュアルと表情豊かな演技で、人々を魅了し続けています!

今回は、岡崎紗絵さんの学歴について徹底的に検証しました!

この記事では、

岡崎紗絵さんの出身中学は東星中学?

岡崎紗絵さんの出身高校は偏差値58の名古屋西高等学校?

岡崎紗絵さんは大学に進学した?卒業後の進路を調査!

についてまとめています!

ぜひ、最後までご覧ください!!

スポンサーリンク

 

岡崎紗絵の学歴を調査!出身中学は東星中学?

岡崎紗絵さんの出身中学は、名古屋市立東星(とうせい)中学校ではないかと言われています。

過去に、学校情報の掲示板『学校BBS』

「セブンティーンモデルの岡崎紗絵さんって東星の出身って本当なんですか?」

という質問に対して「本当ですよー」と回答があったことから

東星中学校の出身と言われるようになったようです。

東星中学校は、学力の高い人達が多く集まっている中学だそうで

テストの問題はかなり難しいそうですよ!

岡崎紗絵さんも通っていたかもしれませんね。

ただ、岡崎紗絵さんのご家庭は転勤族だったようで、中学校時代に転校しています。

なので、出身中学は複数あるということになりますね。

中学時代の部活

中学校時代の部活は、最初に通っていた中学ではテニス部に入部したようです。

しかし、転校せざるを得なくなり10ヶ月で辞めることになったのだそうです。

その後、次の中学では家庭部に所属しています。

中学に入って10カ月だけテニス部だったんですけど、大会に出る前に終わっちゃいました(笑)転校したんです。次の学校では家庭部に入りました。ただ何か食べられるということで(笑)、勝負ごととは全然違う方向にいったんですけど、卒業してから『部活をちゃんとやっておけば良かった』と、すごく後悔しました。

引用:HUSTLE PRESS

家庭部に入部した理由は、何か食べられるという理由だそうで、可愛いらしいですね!

しかし、あまり熱心に部活をやっていなかったのか

「部活をちゃんとやっておけば良かった」と、後悔しているみたいです。

中学時代の人間関係

中学時代は、友達とも仲良く過ごし、彼氏もいたようです!

中学生の頃に、先輩を好きになったんです。その時は気持ちを伝えて、なんとなく一緒にはなったんですけど、先輩なので先に卒業しちゃうんですよ。彼には新しい高校生活が待ってるわけなので、このまま続けようとも言えずに、ふわーっとした感じで終わりました。たぶん私の方が想いは強かったので、いま振り返るとずっと片想いだったんだなと思いますね。

引用:リアルサウンド映画部

甘酸っぱい思い出ですね!

中学生のころは、近くに住んでいる友達と毎日学校に行っていました。帰りも一緒で、その日のできごとやテストのこと、いろんなことを話しながら歩く毎日でした。

引用:WEBザテレビジョン

岡崎紗絵さんは、友達をとても大切にする方のようです。

ご自身のブログで「中学校生活でやっといたほうがいいこと、受験勉強のしかたは?」

という質問に対してこのように答えています。

友達を大切に!これはいつも言えることだけど高校に上がるとなかなか会えなかったりする友達も多いから思い出作りをたくさんするといいかも

引用:岡崎紗絵 オフィシャルブログbyAmeba

また、勉強の仕方については、ご自分なりのやり方をアドバイスしていました!

例えば英単語は夜に覚えて朝に覚えたか確認するとか間違えた問題を解けるようにするとかをやってたかな

引用:岡崎紗絵 オフィシャルブログbyAmeba

中学時代は勉強にも、しっかり取り組んでいたようですね。

岡崎紗絵の出身高校は偏差値58の名古屋西高校?

岡崎紗絵さんの出身高校は、偏差値58愛知県立名古屋西高等学校です。

名古屋西高等学校は、創立107年と古く、地元では進学校として知られているようです。

愛知県内では、415件中71位と上位の偏差値の学校です。

岡崎紗絵さんは高校在学中に『Seventeen』の専属モデルとなりました。

そのため、高校の同級生がTwitterに岡崎紗絵さんがいることを投稿してしまってことで

通っている高校がバレてしまったようです。

また、『Seventeen』のオーデイションの時に、岡崎紗絵さんが来ていた制服が

名古屋西高等学校の制服とそっくりということからも

名古屋西高等学校の出身だと言われています。

名古屋西高等学校は共学で、とてもいい先生が多い高校だそうです。

また、津軽三味線部が有名だそうです。

高校生活を謳歌

そんな良い学校に恵まれた岡崎紗絵さんは、モデルの仕事をしながらも

高校のイベント事は全部出席するなど、青春時代を謳歌したようです。

東京の子だと芸能科とかに入ることも多いと思いますけど、私は普通の学校だったので、普通の高校生活も楽しみました。

引用:HUSTLE PLESS

文化祭には命をかけていたそうですよ!

秋というと、高校時代の文化祭が思い出に残っています。文化祭には命をかけていたんです!(笑)。私の学校は、文化祭と体育祭が連日にわたって行われるという、変わった学校でした。毎年、出し物のためにみんなで夏休みも返上して作業していたんです。

引用:WEBザ・テレビジョン

体育祭では応援団もやっていて、衣装も自分たちでミシンで縫ったんだそうです!

体育祭では応援団みたいなことをやって、その衣装も友だちと『ここがうまくできない』とか電話しながら、ミシンでガガガガと縫いました。

引用:HUSTLE PLESS

あまりにも一生懸命取り組んだので、文化祭の最後には泣いてしまったそうです。

また、文化祭に訪れた人が岡崎紗絵さんに握手してもらったというツイートもありました。

やはりズバ抜けて可愛かったみたいですね!

高校時代は、眩しいほどの青春時代を過ごされていた岡崎紗絵さん

今でもその時のことが、とても良い思い出になっているようですね。

高校1年でモデルに

岡崎紗絵さんは、高校1年生の冬にセントラルジャパンというモデル事務所に所属しています。

きっかけは、家族で外食中に、たまたまプロのカメラマンに出会い

写真を撮ってもらうことになり、そこからモデルデビューとなったそうです。

家族と外食をしていたらお店に居合わせたプロのカメラマンの方から声をかけていただいて。私の写真をモデル事務所に送ってくださり、そこからトントン拍子で所属することになったんです。そして事務所から『ミスセブンティーン』を受けてみない? と言われ、ただただびっくり。あのセブンティーン!? と興奮しながら挑戦することにしたんです

引用:Seventeen

そして、見事6,515人の応募者の中から『ミスセブンティーン2012』に選ばれました。

同時に、同誌の専属モデルにもなっています。

その年は、広瀬すずさん、藤井サチさん、高堰うららさん、そして岡崎紗絵さんの4人が合格者でした。

『Seventeen』の専属モデルは、2015年の4月まで2年半務めています。

得意科目、苦手科目

岡崎紗絵さんは、仕事のたびに名古屋から東京に通っていたようです。

しかし、芸能活動と勉学はしっかり両立していたようで

仕事から帰る新幹線の中で単語帳を覚えるなどしていたそうです。

そんな真面目で勤勉な岡崎紗絵さんは、ブログで

好きな科目は国語で、苦手な科目は数学だと明かしていました。

また、絵があまり得意ではないようで

「絵うまくかけるようになりたいなー…」と呟いていました。

こちらは高校の授業で描いた絵だそうです。

 

右が岡崎紗絵さん、左が友達の描いたものだそうです。

岡崎紗絵さんの絵は、ゆるキャラにいそうな何とも味のある絵でいいですよね!

高校時代の部活

高校の時の部活は、家庭部に入っていたようで、部長も務めていたのだそうです。

岡崎紗絵さんのブログには、家庭部自慢のクッキーという写真が載っていました。

すごい量ですね!寿司桶に入っているのでしょうか!?

これでも、一部だと言うので驚きです。

みんなで作って、幼稚園や養護施設に送ったのだそうです。

しかし、スポーツ系の部活をしてこなかったことを少し後悔しているようで

もし、高校生に戻れるならバトミントン部に入りたいのだそうです。

ーもし、‟リライフ”できるとしたら、何歳の時に戻って何をしますか?ー

17歳に戻り部活をやってみたいですね。スポーツの部活をやった経験がないので、部活に打ち込んで試合に出て勝って喜んだり、負けて泣いたり、スポーツの絆を味わってみたかったです。スポーツの候補を出すなら、学生のときに体育の授業でいろんな競技を経験した中でもバトミントンがすごい楽しかった思い出がすごくあるので、バトミントンをやりたいです。

引用:Cinema Art Online

高校生活を精一杯力の限り走り抜けた岡崎紗絵さん

高校を卒業してしまうことは、本当に悲しかったそうです。

一生懸命取り組んだからこその涙ですね!

岡崎紗絵は大学に進学した?卒業後の進路を調査!

岡崎紗絵さんは、大学には進学していません。

岡崎紗絵さんの通っていた高校は、ほとんどの人が進学する学校だったそうです。

そんな中、岡崎紗絵さんも進路に迷いはありながらも、進路希望の紙には

「大学進学」と書いていたそうです。

しかし、そんな迷いの中にいる時、モデル事務所セントラルジャパンの社長に出会うことになり

進学はせず芸能の道へ進もうと、東京に行くことを決心されたそうです。

2014年に高校を卒業後は『Seventeen』の専属モデルをしていましたが

その後、2016年21歳の時に『Ray』の専属モデルとなります。

そして、女優業も同時に行っています。

2014年、テレビドラマ『ゆめうつつー』に初出演し、女優デビューしています。

岡崎紗絵さんは、高校2年の時から既に、女優になることも視野にいれていたようです。

いつか演技のお仕事に挑戦したいな。そのために演技の勉強頑張らなきゃ(^^)!

引用:岡崎紗絵 オフィシャルブログbyAmeba

さらに、高校3年の時の文化祭で王女様役をこなしたことも、女優業を目指すきっかけになったようです。

演劇をやったのは、印象深いです。私は王女様役を演じたのですが、王子様をめぐって何人もの王女様が争いになるというストーリーで、私はその中の王女様の一人でした(笑)。「私の王子様よ。返して!」というセリフで…。今思うと恥ずかしいですね。そのころは、まさか自分が女優のお仕事をすることになるとは思っていなかったので、今思うときっかけだったのかもしれないですね。

引用:ザ・テレビジョン ドラマ部

そして、2015年の秋に初めて連続ドラマ「サイレーン」に出演します。

しかし、岡崎紗絵さんにとって女優の仕事は、モデルよりもハードルが高く感じていて

最初はとにかく怖くて怖くて仕方なかったそうす。

初めての連ドラで緊張の連続の中、助けていただいたのが山口紗弥加さんだったそうです。

私がドギマギしていると、いつもすごく柔らかく、気さくにしゃべりかけてくださって、ご飯の時も「ここにおいで!」と自分の横に呼んでくださる。何も分からない最初の現場で、自然にそういうことを言ってくださる。そのことにどれだけ救われたか。本当に感謝しかありません。なので、おこがましいですけど、今後、私もそういう存在になれたらとも思いました。

引用:Yahoo!Japanニュース

その後、女優業も軌道にのり『僕たちがやりました』『パーフェクトワールド』『トレース~科捜研の男』

『ナイト・ドクター』『教場Ⅱ』など話題のドラマに立て続けに出演しました。

2022年には『花嫁未満エスケープ』ヒロイン役に抜擢されました。

このことは何より、家族がとても喜んでくれたそうですよ。

また、岡崎紗絵さんは、映画にも出演しています。

2015年には『脳漿(のうしょう)炸裂ガール』で、スクリーンデビューをはたしています。

さらに、2020年の映画『mellow』では初主演を務めました。

ラーメン屋の店主の役を演じています!

岡崎紗絵さんは、女優業をやることによって人気が急上昇しました。

『Seventeen』の専属モデルの時は、広瀬すずさんや中条あやみさんなど人気モデルがいて

表紙を飾ることは一度もありませんでしたが

2020年3月号の『Ray』では念願の初表紙を飾りました!

その後、合計4回も単独表紙を務めています!

過去には、ドラマの主演や雑誌の表紙を飾ることが「夢」と語っていた岡崎紗絵さん

いつかはドラマ主演という夢をかなえるために諦めず努力します。ファッション誌の表紙も夢です!どちらも狭き門ですが諦めない精神で頑張っていきますので応援宜しくお願いします。

引用:モデルプレス

コツコツと努力して、夢をかなえた岡崎紗絵さんは、本当に素晴らしいですね!

こちらは、『Ray TV』 で人気№1の動画です。

岡崎紗絵さんのバッグの中身を抜き打ち検査する動画ですが

35万回再生されています!

また、バラエティ番組にも度々出演されています。

こちらは、「全力!脱力タイムズ」に出演された際の写真です。

こんな表情も出来ちゃうなんてバラエティへの適応力もすごいですね!

フジテレビ系列にて放送中の『新しいカギ』では、レギュラー出演しています。

可愛すぎる姿が好評です。

また、岡崎紗絵さんは地元の人にも愛されています。

名古屋グランパスのガールズフェスタにも2年連続で起用されています!

岡崎紗絵さんは、大学には進学しませんでしたが、その分早くから仕事のチャンスに恵まれ

才能が開花していったのではないでしょうか。

そんな岡崎紗絵さんが憧れている人は、黒木メイサさんだそうです。

黒木メイサさんが好きなので、近づけたらいいなと思います。

引用:モデルプレス

黒木メイサさんのように、クールで、男性に媚びないかっこいい女性を目指しているのですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

岡崎紗絵さんは、高校生でモデルデビューしましたが

学業と学生生活をしっかり両立されていたようですね!

大学には進まなかったものの、芸能界で活躍の場を早く得ることが出来たことが

今の人気につながっているのではないかと思いました!

これからも、はじけるような笑顔で輝き続けて欲しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク